雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

焼き増しがすんだらネガはゴミ

投稿日:

・焼き増しがすんだらネガはゴミ

一緒に写った人にプレゼントする分の焼き増しをすませた後のネガは、もう不要品と考えて捨ててしまおう。いつか焼き増しをするかもしれないし、プリントの品質が悪くなったらネガが必要だ。そんな思いからネガを捨てられずにいる人は多いだろう。万が一、ネガを捨ててしまった写真を、どうしても焼き増しがしたくなった場合でも、多少品質は落ちるが、今はプリントからネガと同じように焼き増しをすることもできる。そう考えれば捨てる決断もしやすいだろう。

撮影内容を記入するノートを作っておく

ラベルに内容をきちんと書き込んでおくのは前提だが、さらにわかりやすく把握すめには、ノートに撮影内容を記入してといい。旅先や子供の運動会などで撮影したテープは、きちんと整理しておかないと、どのテープに何を撮影したのかがわからなくなってしまい、一つ一つ再生して探し出さなければならなくなってしまう。ビデオテープに番号をつけ、いつ、どこで、だれが、何を、どうしたかを事細かく記入する。これなら後で編集する場合も、内容が一目瞭然。ジャンル別にシールを貼ったり、マークを書き込むなどしておけばさらに便利だ。

ラべルを貼るのを先延ばしにしない

後でラベルを貼ればいいやなどと考えていると、結局忘れてしまうという事態になりかねない。見たいテレビや映画などを次から次へと録画すると、後になってどこに何が入っているかわからず、探すのにひと苦労という場合が少なくない。ビデオは録画したらその場ですぐにラベルを貼って、内容をきっちり明記する習慣をつけておこう。オリジナルのラベルを作成すれば、書き込む意欲もわくし、テープを並べたときに見た目もきれいだ。

ビデオテープは各人が管理する

パパのゴルフレッスン番組、子供のアニメ、ママの深夜映画など、ラベルに記入してあっても、見たくなって取り出すとき探すのは面倒なもの。家族一人一人が、自分の見たい番組を録画したビデオテープ。また、見終わったと勘違いされて、上から別の人が重ね撮りしてしまうトラブルも起こりかねない。そこで家族一人一人の色を決めてカラーラベルシールで分類したり、その色のテープを箱に貼ってひと目でわかるようにしておく。そのうえで管理も各人が行う。所有本数にも決まりをつくっておけば、テープの散乱も避けられるだろう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

茶箱の再利用方法-物入れ兼用の装飾用置き台として使うには

・茶箱を物入れ兼用の装飾用置き台として使いたいのですが。 裏に水を塗るとそのまま張れるビニール壁紙が市販されています。無地で、エンボス加工してあるものが柄合わせの必要もなく、落ち着きます。重ねる部分は …

no image

ティーカップの賢いしまい方

・ティーカップの賢いしまい方 戸棚に食器をただ積み重ねていくだけでは、どうしても無駄な空間が残ってしまう。とくにカップ&ソーサーは重ねて積んでも数が入らず、収納に苦労するもの。天板のほうに自在 …

no image

水洗トイレの水が止まらないとか出ないといったトラブルの解消方法

・トイレの水が止まらない ゴムフロートに注目し、洗浄管との間にすき間が開いてないか、ゴムフロートが古くなってないかを確認します。タンクの中の水位でも故障箇所が推測できます。水位がオーバーフロー管より高 …

no image

必要・不要の判断ができれば快適に心地よく暮らせる

必要・不要の判断ができれば快適に心地よく暮らせる。 スーパーで100円均一市をしていても、今日のメニューはトンカツと決めていたら、豚肉とキャべツしか買わない。いくら安くても、明確な用途のないモノは、不 …

no image

壁紙を貼る-マスキングテープを使用

壁紙を貼る際、壁紙の下地が石青ボードでできている場合、家具などをぶつけると簡単に穴が開いてしまいます。その場所だけをパテで埋め、部分的に壁紙を貼る替えます。同じ壁紙がない場合は、冷蔵庫やたんすの後ろな …