雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ホームページ作成

Yahooカテゴリへの登録を目指す際の注意点

投稿日:

Yahooカテゴリは、登録されにくくて有名ですが、Yahooビジネスエクスプレスを使っても、確実に登録してもらえるわけではないです。Yahoo!ジャパンに登録申請を行ってから実際に掲載されるまで3~8週間程度の期間がかかります。ビジネスエクスプレスを利用した場合は、入金確認後7営業日以内に登録の可否について連絡をもらえますが、無料申請を行った場合は審査に通った場合しか連絡は来ません。

申請したら1カ月は待ってみます。エディターの文字数と癖を把握するコメントを記入するときにはまず、掲載を希望するカテゴリーですでに登録されているウェブサイトの紹介文を見て、そのカテゴリー担当エデイターがどのような紹介文を掲載しているのかを観察することです。申請されたコメントをそのまま紹介文に利用できる、あるいは一部の文言を修正するだけで紹介文として掲載できる場合には、申請時のコメントがある程度反映されます。申請された内容が適切なものであれば、その情報をもとに紹介文を作成してくれる可能性が高くなります。

1カ月しても連絡が来なければ

申請時に記入されたコメントがまったく使えない(そのまま紹介文として掲載できない)ときには、エディターがウェブの内容をもとにして、新規に作成します。この場合、申請時に記入したコメントはまったく利用されません。紹介文がだいたい何文字程度で記述されているかも見ておきます。申請された内容がそのまま使えるような文章であれば、エディターは申請時に記入された文章に多少の変更を加えられても希望する文章に近いかたちで掲載してもらえる機会がぐっと増えます。

エディターによって紹介文の作成のしかたに癖がありますので、それを調べておくのです。エディターの立場に立って、どのような申請が行われるのが楽なのか、どんなコメントが記述されているとエディターの負担を減らすことができるかといった視点で考えることも大切です。登録申請を行ったあとはしばらく待って、1カ月しても連絡が来なければ登録が受け付けられなかったと判断しましょう。

-ホームページ作成

執筆者:

関連記事

no image

オンラインモールへの出店も検討する

すでにホームページを持っているショップでも、オンラインモールを「支店」として活用することで、顧客の拡大に成功している事例がたくさんあります。ただし、出店するにはオンラインモールによる審査にパスする必要 …

no image

日記ページのURL

・日記ページのURL 日記ページのURLは、レンタル日記サービスに登録した際にサービス業者から通知されたものを指定します。HTMLタグを指定すると、文字をクリックした途端に、日記ページが表示されます。 …

no image

スタイルシートはWebページのデザインやレイアウトを定義するためのもの

W3Cでは、HTML40/401からデザインやレイアウトについてのタグを非推奨とし、その代わりにスタイルシートを利用するように勧告しています。スタイルシートを利用することにより、Webページの論理構造 …

no image

検索サイトにホームページを登録する

・検索サイトへの登録 「YahooJAPAN(ヤフージャパン)」などのディレクトリ型の検索サイトに登録するには、登録依頼を行い、審査を受けなければなりません。登録依頼の方法は、各検索サイトのページに掲 …

no image

FrontPage2002などを使ってみよう

・体験版ソフトを使ってみる 体験版ソフトで実際の使い勝手をよく確かめてから、ソフトウエアを購入しても遅くはありません。どのソフトウェアにするか決めかねているときは、体験版ソフトをぜひ試してみてください …