雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ホームページ作成

XML、XHTMLとは?

投稿日:

「XML」と「XHTML」とは何でしょうか。XHTMLは、HTMLをXMLの規格に適合するように修正を加え、定義し直したもので、HTML40の後継バージョンになります。W3Cが仕様策定を行い、2000年1月に「XHTML10」を勧告しています。携帯電話用に機能を絞った「XHTMLBasic」という仕様もあります。HTML40は、タグや要素は半角小文字で書く(大文字は不可)。終了タグを必ず書く。属性の値は、ダブルクォーテーション(“)で囲む。要素同士は入れ子になっていること。

HTMLはWebページ用ですが、XMLは汎用性があり、幅広い分野で利用されています。というのも、HTMLでは決められたタグしか利用できませんが、XMLは利用者が自分でタグを定義できるのです。SGMLは、文書の論理構造や意味構造を記述する言語で、おもに電子出版や大量の文書処理に利用されていました。このSGMLをインターネットで活用できるようにしたのがHTML。ちなみに、HTMLは、ホームページ作成に必要ですので、勉強しておきましょう。

XMLでは特定のデータを取り出して再利用するというこも簡単にできます。たとえば、XMLファイルを、ネットワークを使って取引先に送信します。取引先では、XMLファイルからタグとタグで記述されている数値だけを抜き出して、金額の計算に利用することができます。このようなデータの再利用は、HTMLではできないワザです。

受取人がメールを受信する

・受取人がメールを受信する

メールソフトを使って受信操作を行うと、BPOPサーバー内の伊藤さんのメールボックスからメールが送られてきます。メールの受信のプロトコルはPOP3です。

・相手方のSMTPサーバーにメールが転送される

相手方のPOPサーバーにメールが格納されるプロバイダB社のSMTPサーバーから、同社のPOPサーバー内の伊藤さんのメールボックスにメールが格納されます。

-ホームページ作成

執筆者:

関連記事

no image

著作権は永久に与えられるものではありません

音楽CDから曲をカセットテープに録音し、自分自身や家族など限られた範囲内で私的に楽しむという場合は、許諾は必要ありません。書籍などの文章も、許諾なしで自分の著作物やWebページに引用することができます …

no image

システムエンジニア-SEとは?

・サーバやシステムを設計・管理する[システムエンジニア(SE)] SEは、企業の基幹システムのような大規模な開発で必要とされることが多いため、Webサイト開発にはこれまであまり参加していませんでした。 …

no image

文章を読みやすくするためにー段間の指定

・文章を読みやすくするためにー段間の指定 1行の文字数を20〜30文字にするには、テーブルを使います。テーブルの横幅を指定することにより、1行の文字数を30文字程度にすることができます(ブラウザ側で文 …

no image

HTTP、POP3など

・HTTP、POP3 Webページを公開するために、HTMLファイルをサーバーに転送(アップロード)しますが、このとき利用されるプロトコルがFTPです。また、ソフトウェア紹介サイトからシェアウェアやフ …

no image

サイトの確認-ブラウザチェックなどを行おう

・制作物確認のポイント 入力フォームや条件によって表示内容が変わるページの動作チェックは、なるベく多くの人を巻きこんで、一般の利用者になりきって操作(チェック)してもらうことが必要です。一般の利用者に …