雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ウィンタースポーツ用のそりの特徴や魅力

投稿日:

子どもやギアを牽引するためにデザインされた、スポーツ用のそりがある。一見おもちゃっばいけど、これが実によくできている。子どもの体重が重くなると、重いわ、バランスはとれないわで、キャリアを背負ってのスキーは苦行に等しくなる。そんなときには、そりを使うのも一案だ。ボディ部分はグラスファイバー製(または緩衝効果のあるプラスチック製)。子ども2人まで積める。スキーヤーの真後ろにぴったりついてきて、左右に振れないのがいい。

牽引用のロッドは、これもアルミかグラスファイバー製のつっぱり棒で、スキーヤーが着用するハーネスにつなぐ。ぐらぐらぐにやぐにゃしないし、斜面のターンもできてしまう。そり本体の重量は3~5kg、長さはだいたい140cm。底にシープスキンのような、フカフカで暖かいものを敷き、子どもをダウンのシユラフで包む。ジッパーつきのナイロンカバーで、雪が降っても雪解け水をはね上げても大丈夫。だいいち、とても暖かい。そしてそりのカバーですっぽり包むと保温は万全だ。脚が分かれているべビーバッグとは違って、手足が冷えることもない。

全身をカバーしてくれる

このカバーはジッパーまたはドローコードできゅっと絞って、マミー型シュラフのように全身をカバーしてくれる。顔に雪が降りつけて目を開けていられない状態で、それでもハッピーな子どもはまずいないから、プレクシグラス製のフロントガラスがついたモデルは一考の価値あり。バックパックに変身して、多目的に使えるそりだってある。子どもが成長して、自分でスキーができるようになれば、このそりを利用してスキー・ツーリングにでかけるのもいい。

シートの後ろに収納スペースがあるものは、子どもの着替えや食料を運ぶのにいい。そりのボトムにはアルミのスキー板がついていてステアリングが可能、短いストックがパワーにもブレーキにもなる。シートのストラップで体が固定されているので安全だ。ハンディのある人向けにも、アルパイン用、クロカン用と、ゲレンデに合わせたそりがそろっている。真後ろからついてくるへルパーさんに、テザーラインを結びつけておけば、いざというときそりのスピードや方向が管理できる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴ら …

no image

登山初心者は泊まりで行くのは避けたほうがいい

勝原スキー場から歩き始めましたが、スキー場の登りが意外にきつく樹林帯に入った時にはホッとしました。白い花、ピンクの花、微妙に混じった花が林の下に群がって咲いていました。そしてそこに見たのが一面に咲くイ …

no image

登山計画書が提出されていないと捜索が難航になってしまう

山で事故が起きる度に、登山計画書が提出されていないので捜索が難航などと報じられるので、登山計画書は捜索するためのものと思っている人がいるようです。登山計画書には確かにそういう事故後の対応の目的もありま …

no image

トレイルでのルールをしっかりと子供に教えておこう

家族の能力をじっくり検討し、どんな山行形態ならお手頃で楽しく、しかも満足感があるか調べる。まずは手軽なハイキングで様子を見よう。先行が許されている子どもには、トレイルでのルールをしっかり教えておく。た …

no image

ノウサギの足跡がどちらに進んだのかを推定する

ノウサギの足跡がどちらに進んだのかを推定するときには、彼らの走り方を想像するとよい。ノウサギの走り方を分解してみよう。ノウサギが潜んだとおぼしき敷に行って、その姿を探してみても見つからないとき、彼らは …