雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

WFPでは配給制度の査察を何度も何度も実施したが

投稿日:

一九九一年の戦争では、水道と電気及び下水システムが意図的に破壊されたこともあって、恐ろしい損害がもたらされ、米英両国が課した制裁体制はこの国を生存ぎりぎりの状態に追いやった。子供の死亡率は児童福祉の状況を何よりもよく示すデータだが、出生児一〇〇〇人につき五〇人だった死亡率が一三三人に増加し、イラクはカンボジアとアフガニスタンを除けば、アフリカ諸国以外で最下位に位置する国になった。

過去一〇年間におけるイラクの後退ぶりは、調査した一九三カ国中、群を抜いて深刻だった。控え目な推計でも、その数は数十万人とされている。欧米人では、デニス・ハリデーとハンス・フォン・スボネックほどイラクをよく知る人はいない。二人は共に、ハリデーが大量殺魏的と表現する、米英による制裁体制のあり方に抗議して辞職した。彼らは国連の人道調整官として高く評価されていた国連職員で、彼らのもとで数百人の査察官からなる国際チームが連日、イラク各地を巡回していた。どちらも、食糧と医薬品は当局によって差し押さえられているという主張を否定した。

WFPでは配給制度の査察を何度も実施したが

上級職員は、WFPでは配給制度の査察を何度も何度も実施したが、不正行為やえこひいきが行われている確実な証拠は見つからなかった。後継者であるトウン・ミャットは彼らの見解を支持し、イラクの諸制度はこれまで自分が国連世界食糧計画(WFP)の職員として見てきた中で、最高の配給制度だと述べた。イラクの制度は世界で最も効率的であり、それに混乱をもたらす事態が起これば、大規模な人道的危機の恐れが増すだろう。トゥン・ミャットは更に我々が何か別の制度を作り上げても、それはイラクの制度の半分もうまくいかないだろうと付言した。

ハリデーやフォン・スポネックらが長年指摘してきたように、制裁はイラク国民に大打撃を与え、その一方でサダム・フセインと取り巻きの勢力を強化して、イラク国民が生き延びるためにはこの圧制者に一層依存する結果にも繋がった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている

マスタードガスの使用に対して同盟国、連合国双方に広範な批判が広がった第一次世界大戦以来、生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている。リアリスト的側面は単純である。大量破壊兵器は、拡散を引き起こす深 …

no image

イスラエル国防軍がどれほどの弾丸を発射したかの調査を依頼

著述家や論評者はイスラエルの他の時事解説者と共に、総意の形成の深刻な危険について警告した。それによればイスラエルの状況で民主義的な配慮は警沢であり、ファシズムの徴候があるとされる。とりわけ注目に値する …

no image

アメリカの覇権はいつまでも永久に不滅

サダム・フセインをアメリカへのさし迫った脅威とするプロパガンダ・キャンペーンが始まり、フセインは9・11の残虐行為に関与しただけでなく、更なる攻撃も計画しているとほのめかされた。このキャンペーンは議会 …

no image

直接統治ではなく間接統治をしていたイギリス

ウィンストン・チャーチルのような一部の人間は、アラブ人(主にクルド人とアフガン人)を服従させるため、毒ガスを使用する考えに現を抜かしていた。帝国側の政策担当者にとって都合のいいことに、この頃民間人を支 …

no image

ニカラグア政府の政策と行動が異例かつ甚大な脅威となった

ニカラグアの共産主義者は、革命をアメリカそのものに持ち込むと威臓している。リビアが関与した一九八六年の爆破事件について説明しながら、レーガンは凶暴な殺人者カダフィがニカラグアに武器と軍事顧問を送り、ア …