雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

webアンケート-~コストのかからない自社でできるメリット

投稿日:2015年1月18日 更新日:

~コストのかからない自社のウェブサイトでアンケートを行う~

アンケートは、自社のウェブサイトを訪問するユーザーに限られてしまうため、より広く一般消費者の意識や購入プロセスなどを調査するには適さない場合があります。その場合は、より広いユーザーへの調査としてネットリサーチを取り入れるとよいでしょう。

自社でアンケートを行った場合の対象者は、もしくは何かしらの動機をもってあなたのウェブサイトに訪れた潜在的ユーザーか、すでに購入履歴や会員登録のある顕在的ユーザーとなるため、顧客ターゲットに近いユーザーと考えられます。そのため現在のウェブサイトや商品ラインナップなど、様々な意見を集めるには適したアプローチと言えます。

アンケートの応答率を高めるためにも、ユーザーに対して動機づけを行う必要があります。プレゼントや割引券などのインセンティブをユーザーに用意するのが一般的です。自社のウェブサイトにおいてアンケートを実施する場合は、自社のウェブサイトのトップページやメールマガジンからアンケートを募ります。疑問点や仮説の裏づけが必要な場合は、より広く情報を得るためにユーザーアンケートやネットリサーチを行います。また、さらに深いマインドを知るには、ユーザーインタビューが有効です。

ユーザーのニーズを知るうえで貴重な情報を得る

アマゾンのカスタマーレビューや、価格.comのクチコミにおける書き込みでもわかるとおり、Web20以降、ユーザー自らが情報発信した評判をもとに、購入決定がなされるという新しい購入プロセスが一般化しました。このようなレビューのなかには、購入後の正直な感想がつづられており、満足している点、気になる点、許し難い欠点や、今後解決して欲しい問題点など、ユーザーのニーズを知るうえで貴重な情報を得ることができます。

ウェブ上にある情報を使って、消費者の調査を進めてきましょう。理解が深まるとともに、手元のデータでは解決できない疑問点や確かめたい項目が出てくる場合があります。また仮説を組み立てていくなかで、どうしても裏づけのデータが欲しい場合もあるでしょう。そのような際には、アンケートやユーザーインタビユーを行うことで、より詳細に情報をつかんだり確証を得ることができます。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

HTMLはメモ帳でも作成できる

HTMLを自分で記述するには、ある程度の知識が必要です。HTMLはそれほど難しい言語ではありませんが、最初はとっつきにくいと感じる人もいるでしよう。シンプルなページを作成したいという場合にはメモ帳で十 …

no image

キーワードを選定し順位を調査していこう

~調査するキーワードを選定し、順位を調査~ 実際にユーザーの検索行動を調べてみると、単一のワードで検索するよりも、複数のワードを組み合わせ、情報を絞り込んで検索するケースのほうが圧倒的に多いのが現状で …

no image

Webでの公開にはサイズの調整が必須

・Webでの公開にはサイズの調整が必須 ブロードバンドが普及したとはいえ、顧客の中には低速な回線を利用している人もいるでしょう。その場合、ファイルサイズが大きすぎると写真の表示に時間がかかってしまい、 …

no image

独自にショップを運営する場合のコストなどは?

独立型は最初から自らが主体となって、ネットショップを運営することができるのです。デザインだけでなく、経営的にも自由度が高いのが特徴です。ネットビジネスでの開業方法はモール型と独立型の2種類あります。ど …

no image

ブランド・タグラインを用意して特長をいち早く伝える

あなたの会社は何を売っているのか、何が専門であるのか、どのような価値をもち、どのようなポリシーをもとに活動しているのかさらに、どのような未来像を描いているのかを明確に記載し、信頼に足る会社であることを …