雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

webアンケート-~コストのかからない自社でできるメリット

投稿日:2015年1月18日 更新日:

~コストのかからない自社のウェブサイトでアンケートを行う~

アンケートは、自社のウェブサイトを訪問するユーザーに限られてしまうため、より広く一般消費者の意識や購入プロセスなどを調査するには適さない場合があります。その場合は、より広いユーザーへの調査としてネットリサーチを取り入れるとよいでしょう。

自社でアンケートを行った場合の対象者は、もしくは何かしらの動機をもってあなたのウェブサイトに訪れた潜在的ユーザーか、すでに購入履歴や会員登録のある顕在的ユーザーとなるため、顧客ターゲットに近いユーザーと考えられます。そのため現在のウェブサイトや商品ラインナップなど、様々な意見を集めるには適したアプローチと言えます。

アンケートの応答率を高めるためにも、ユーザーに対して動機づけを行う必要があります。プレゼントや割引券などのインセンティブをユーザーに用意するのが一般的です。自社のウェブサイトにおいてアンケートを実施する場合は、自社のウェブサイトのトップページやメールマガジンからアンケートを募ります。疑問点や仮説の裏づけが必要な場合は、より広く情報を得るためにユーザーアンケートやネットリサーチを行います。また、さらに深いマインドを知るには、ユーザーインタビューが有効です。

ユーザーのニーズを知るうえで貴重な情報を得る

アマゾンのカスタマーレビューや、価格.comのクチコミにおける書き込みでもわかるとおり、Web20以降、ユーザー自らが情報発信した評判をもとに、購入決定がなされるという新しい購入プロセスが一般化しました。このようなレビューのなかには、購入後の正直な感想がつづられており、満足している点、気になる点、許し難い欠点や、今後解決して欲しい問題点など、ユーザーのニーズを知るうえで貴重な情報を得ることができます。

ウェブ上にある情報を使って、消費者の調査を進めてきましょう。理解が深まるとともに、手元のデータでは解決できない疑問点や確かめたい項目が出てくる場合があります。また仮説を組み立てていくなかで、どうしても裏づけのデータが欲しい場合もあるでしょう。そのような際には、アンケートやユーザーインタビユーを行うことで、より詳細に情報をつかんだり確証を得ることができます。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

自分でできるSEO対策-キーワードの選定方法

SEO対策のキーワードの選定方法を具体的に解説していきましよう。 たとえば、浅草でお茶の販売業を営んでおり、ネットショップを開業したケースで考えると、地名である浅草東京は、必須のキーワードとなるでしよ …

no image

クレームの対処方法-無用ないいがかりを回避するには

~冷静に判断してサービス向上~ ネットショップを運営していれば、お客からのクレームはよくあるものだ。しかし、クレームを無視しないでしっかりと聞くことはかなり重要なこととなる。ただ、何でもかんでもお客の …

no image

ロボット型検索エンジンに登録しよう

ロボット型検索エンジンは、自動的に自らのネットショップへアクセスし巡回するように思われますが、ロボット型検索エンジンも検索サイトへの登録が必要です。登録をしなければ、アクセスされないしくみとなっている …

no image

メールスパム対策-売上を減少させることがあるので注意

~顧客のメールを譲って削隣!?売上を減少させるスパムメール~ スパムメールが送られてくると、誰もが削除したくなるはずですが、スパムメールの削除中に大事な顧客からのメールを誤って削除してしまう可能性もあ …

no image

ITの進化によるツールやサービスのコストが下がってきている

SEOやリスティング広告が広く日本に紹介されたのは2002年あたりになりますが、その後たった数年間の間に、ブログ、SNS、RSS、ソーシャルブックマーク、セカンドライフ、YouTube、Twitter …