雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

恋をすると「私が、私が」になりやすいもの

投稿日:

初めての恋のシーンでは、言いたいことをきちんと言えなかった私が、言いたいことをどうやら言えるようにはなりました。でも、まだまだこれからです。幸せをめざすなら、言葉に気をつけなければいけないというあのセリフの深さを、やっと楽しめるようになったばかりです。会話は相手がいてはじめて成り立ちます。

「幸せになりたかったら、言葉に気をつけなさい」ずいぶん昔のフランス映画の中で、年輩の男が若い娘にアドバイスするシーンのセリフです。軽率なお喋りで、恋の出逢いを台無しにしなさんなよ、という意味が含まれていました。彼の言葉を忘れたり思い出したりしながら、私は何回か恋愛を体験してきました。けれど恋をすると「私が、私が」になりやすいものです。

彼の心理を推量して気遣うことです。それができないとしたら、あなたの好き、は告白するにはまだ早過ぎる状態なのでしよう。確かに、正直で率直で素直な告白には魅力があります。でも素直さは言葉にしなくても表情や態度で相手に伝えられます。言葉に頼りすぎると、余分なフリルをつけすぎて、逆効果を招くことにもなりかねません。

あなたは恋人気取りで話していませんか?

たとえばあなたが、好きな彼に想いを告白する時のことを考えてみてください。ひょっとしてその内容はカロリーが高すぎたりしていないでしょうか?あなたのほうでは今の気持ちのありったけを伝えたくても、彼にとっては、それがプレッシャーになるかもしれません。

「私と逢っている時は私だけ見てね」「二人でいるところを、誰かに見られたらどうしよう・・」「あなたは私にどうしてほしいの?」などと、恋人以前の彼に向かって、あなたは恋人気取りで話していませんか?

相手のキャパシティーを考えてみるのです。それは相手に迎合することではありません。あなたは美しいボディラインやスラリとしたプロポーションに憧れ、贅肉がつくことに敏感でダイエットはマメにします。でも、言葉のダイエットについて考えたことがありますか?言葉は、恋の行方や人間関係の未来を左右します。だから大事に使いたいし、ボキャブラリーや言い方に賛肉がついていないかをチェックする必要があります。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

左手には話の印象を強くする効果がある

会場を右、正面、左の三つのブロックに大別して、その方向ごとに体全体ないしは上半身を向け、顔はその方向にある聴衆全体の中心地点を正視することのほうが効果があります。それは、顔だけ回すのは、どちらかと言え …

no image

心さえよければ見た目はどうでもいい?

ある新聞に掲載されました「小一がなりたい職業」(クラシのアンケート)に男の子が希望するのはスポーツ選手が第一位(二〇・五%)でした。それが金になるという功利的な打算もありましょうが、有名になりたい、し …

no image

話すとき無理に目を見ないでごまかすことが可能

レンズの中心が、日常会話の場合ですと、相手の目にあたるわけですが、人が中心を見ている時も、中心から五センチもズレているところを見ている時も、相手はじっと見られているように思えるもの。レンズの中心を見て …

no image

近視眼的に見る錯覚

川の水が渦を巻き、逆に流れているように見えても、水は低きに流れて大海に注いでいるものです。近視眼的にものを見るのでなくあわてないで視点を変えて見る目を養いましょう。近視眼的に見る錯覚が、お互いの人生を …

no image

親と喧嘩してうるさいと思ったら-本音で話し合っていますか?

ある人の話。他に効果的な表現方法を知らなかったし、伝える能力もなかった。十二、三歳の頃、父や母と喧嘩をすると、私は自分の部屋に駆け込んでドアをバアーンと閉めることで、怒りを表現していました。 芝居をや …