雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ワンボックスカーを家族のために買う必要はあるのか?

投稿日:2014年11月9日 更新日:

これがファミリードライブか?これが家族の空間か?運転席と助手席に仲よく並んで座って楽しげなお父さんとお母さん。その後ろでチャイルドシートに縛り付けられて泣き叫ぶ小さな子ども。
そこで必要になるのが、子どもの隣に座るお母さんなのだが、お母さんにはシートがせまい。
普段は助手席に乗っていて、子どもがグズったら後ろの席に移動する、そのためのウォークスルー?それは危なすぎるでしょう。

それじゃあ大きなミニバンならノープロプレム?とも限らない。狭い駐車場で苦労してる姿見ると、とても楽しいカーライフには見えない。昼間、ミニバンにひとりで乗ってるお母さんがけっこういる。お父さんが家族のために大きなミニバンを買う。お父さんとしてみれば、自分の好みは抑え込んで、家族優先のクルマ選びをしたはずが、じつはお母さんのストレスの原因になっている。これは悲しい話。

子どもが産まれてジジパパと同居することになってセダンじゃ乗り切れないって、ミニバンにしけど、実際には3世代揃って出かける機会なんて、めったにない。これで家族みんなが幸せになれるって満足してるけど、わが家のクルマはミニバンー台、しかもお母さんも運転するってことになると、スーパーへの買い物もこのうすらでかいクルマで出かけなきゃならない。家族のためにミニバンを購入したお父さんは多いはず。でも、サードシートを畳めば、ベビーカーだろうがベビーバスだろうがゴッソリ積み込める。

車の買取査定を上げる色々なポイント

はじめから必要ないかも

おかげで、家族旅行で苦労せずに済む。逆に言えばフル乗車時のミニバンのラゲッジなんて、マーチよりも狭いんだから、サードシートまで人が座るとなると、なんにも積めない。サードシートをつねに畳んだ状態にしておくんだったら、はじめから必要ないってことになる。

だったら、お母さんだって運転しやすいステーションワゴンのほうが、ずっと使い勝手がいいってことにならないだろうか?ミニバンは室内高があるから、その分荷物を積み上げられると思ったら大間違い。結局シートバックの高さに抑えておかないと、走行中に雪崩を起こすことになる。最近のステーションワゴンは、ラゲッジにバーテーションネットを装備しているモデルが増えているから、かえってミニバンより高く積み上げても安全だったりするのだ。

さすがにインプレッサみたいなショートワゴンじゃつらいかもしれないけど、ミドルサイズのステーションワゴンだったら、ミニバンのサードシートを畳んだ状態よりも、積載能力はずっと高い。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

外車は故障が多いので愛情を注げないのならやめるべき

外車を買ってビックリするのが、故障の多さだろう。年間でいくら修理費がかかったかなんて、おそろしくて計算したくない。激安だったので買ったら、毎月のように故障する。外車購入はハタで見るほどアマくない。修理 …

no image

車のフィーリング項の人間工学と感性に関連した項目

車のフィーリング項目には、まだ乗降性、居住性、操作性、視界、空調、スタイリングといった、人間工学と感性に関連した項目がたくさん残されています。それらをまとめて取り上げようとするのが、人間工学の項目です …

no image

サンルーフのチェックポイン卜-雨漏りに注意

雨漏りは、ゴムパッキンの劣化が原因だが、中には事故などでフレームが歪んでしまっている場合もある。サンルーフつきの車や、天井の左右部分がはずれるタイプの車を購入するともきは、雨漏りの可能性があるので注意 …

no image

コンパクトカーというジャンルを切り開いたヴィッツ

今は昔と違い、従来の軽とはまったく違ったものになっています。出力を比べても、コンパクトカーの1リッターモデルは70馬力程度で車重は900km弱、軽自動車は出力は60馬力程度ですが車重は800km程度で …

no image

車にオリジナルのデザイン性があるかないか

メルセデス・ベンツはどこまでもメルセデス・ベンツで、BMWはBMWです。ドイツには、ご承知のようにメルセデス・ベンツ、BMW、VW、アウディ、オペル、ポルシェといった主な自動車メーカーがあります。しか …