雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

惑星探査機が水星を訪れた時

投稿日:

・惑星探査機が水星を訪れた時

一九九四年、NASAは月の両極に水が氷の形で存在していることを示す有力な証拠をとらえたと発表した。総量は一千万トンから三億トンと試算されている。中性子分光器という観測装置を使い、水を構成する水素原子に当たって減速した中性子をとらえて、間接的にその存在を探ったものである。

これまで月には水が存在しないといわれてきたが、一九九四年に月の近傍を通過したアメリカ国防総省の探査機クレメンタインによって月の南極のクレーターの底には氷が存在四すると思われるデータが得られたために、ルナープロスペクター号はその確認の使命も帯びていた。

水星を訪れた唯一の惑星探査機マリナー10号が写真撮影に成功したのは、水星表面の約六割である。従ってわれわれは水星の素顔の半分ほどしか知らないのだが、その半分が示す水星像できわだって特徴的なことは、月面にも似た大小無数のクレーターの存在だった。

水星の地形で特に注目すべき点は、高さ数キロ、長さ数百キロから千キロも続く断崖である。それも通常の正断層地形や地溝ではなく、圧縮する力に起因して生じる逆断層地形である。このような地形が水星の全域に見られるということは、かつて水星が収縮したことを意味している。

惑星探査機マリナー10号

カロリス盆地と命名されたものは、直径千四百キロにも及んでいる。千四百キロといえば水星直径の三分の一に迫る大きさである。同じような規模の衝突盆地は月や火星でも発見されているが、いずれも天体直径の三分の一程度である。

これはそれ以上のクレーターをつくるような巨大衝突では、天体そのものが破壊されてしまうからだろう。

地球型惑星では内部の核(コア)とマントルが分化する時に収縮が起こるが、断層とクレーター地形の比較からすると、水星ではそうした収縮が誕生して間もなく起こったと考えられる。

惑星探査機マリナー10号は水星にNとSの二つの極を持った磁場の存在を観測している。地球表面の百分の一程度の弱い磁場だが、これは水星が地球と同じく鉄・ニッケル合金のコアを持つことを示唆している。

惑星探査機が水星を訪れた時、こういった発見があったのだった。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

宇宙船火災の悲劇

アポロ1号の宇宙飛行士には、オリジナル・セブン、(アメリカ最初の七人の宇宙飛行土)の一人、バージル・グリソムと、ジェミニ4号で宇宙遊泳を行なったエドワード・ホワイト、それに新たに選ばれたロジャー・チャ …

no image

原子核の中から電子が飛び出す

原子核の中から電子が飛び出すというのを、カエルが飛び出すようなイメージでとらえてみると、何かに押されて飛び出すのか、自分で飛び出すのか、ということになる。正確に言うと、飛び出すというよりも電子が中で発 …

no image

宇宙は膨張から収縮に転じる

放射性元素を用いた年代測定により、地球の岩石のあるものは三五億年以上前に生成されたことが判明していたので、ハッブルの推論のどこかに誤りがあるのは明らかでした。観測データをもとに、ハッブルは、「現在は膨 …

no image

エーテルと相対性理論

動いている動いていないが相対的であるというガリレオの相対論があり、それがニュートンの力学まで貫かれている。しかし、一八六〇年ころに電気、磁気の学問が完成する。そして、光というものをニュートンの力学で説 …

no image

アインシュタインがニュートン力学を捨てた

アインシュタインは、電気、磁気の学問をニュートンの力学で基礎づけ説明するのではなくて、電気、磁気の学問のなかに含まれているものをむしろ基礎に考えて、ニュートン力学を変更する、と。こうすれば無理がなくて …