雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

わかっているけどやめられないことを今すぐやめる

投稿日:

正しい知識をもって、快適で健やかな生き方を少しずつとりいれながら、わたしたちの命にとってよいもの、悪いものをそのまま認識できる力をとりもどしていきましょう。わたしたちの生命には、決して判断を間違うことのない完全な知性が宿っているのたいですが、残念ながら、その知性と本人の意識がうまくつながることができていないことが多いです。早く寝たほうがいいとわかっているのに、パソコンから離れられずに夜ふかしをしてしまう。お腹がいっばいなのに、ついつい甘いものを食べてしまう。

タバコは体に悪いと思うけれど、どうしてもやめられない。わかっているけれどやめられない状態です。これは正しい指導を受けても、正しい情報に出合っても、その正しさが理解できない、とても深刻な状態といえます。トイレを我慢する癖が、わたしたちの判断力をどんどん鈍らせてしまうこともあるのです。理知の誤りをつづけていると、知らず知らずのうちに重症度が進行してしまいます。

満腹は一瞬の幸せ、腹八分目は長つづきする幸せお腹いっばいの食事をとると、その瞬間は満足したと幸せに感じるかもしれません。でも、ほとんどの方が経験上わかっているとおり、満腹するまで食べると、後でかならず不快な状態になりますし、それをつづけていると健康は着実に悪化します。

体や心に悪いと知っていること

アーユルヴェーダの古典の教科書には、理知の誤りの具体例として、体や心に悪いと知っていることをおこなうねたみ、うぬぼれ、怒り、恐れ、無知、興奮、混乱から行動してしまう悪意のある不誠実な人と交友をもつ生理的欲求を抑圧するなどが紹介されています。

満腹するまで食べると、胃には空間がなくなり、胃が動かなくなってしまうのです。結果、食べたものが消化不良になり、毒素ができてしまいます。食事の適量は、よくいわれる腹八分目か、それよりやや少なめ、四分の三くらいです。それが、もっとも消化によい量なのです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

毒素を入れない、ためない方法

毒素を排出する方法の一方で、普段から継続して体内に入れる毒素の量をなるべく減らすことが大切だ。ファストフードが食べる者の食欲をさらに増進させ、その食品への嗜癖性を高め、肥満になるよう意図して作られてい …

no image

断食の効果は本人自身が実感できる

血のなかの不要なもの、有害なものは、水に溶けるものであればお小水として、気化するものであれば吐く息として肺から出てくる。だから、西洋医学では、肺と腎臓が正常であれば血は汚れないと考える。私たちが普通に …

no image

オージャスを増やす方法-命の活力エネルギー

免疫力はさまざまな手段で、日々、わたしたちの健康を守っています。体外から細菌などの異物が侵入してきたときには、目ざとくそれを発見して的確に処理をします。また体内で異常細胞が発生すれば、たちまちその細胞 …

no image

電磁波には害はないの?

科学が証明できないと主張してきたことは、いつもあとから証明されてきたことを思い出してほしい。電磁エネルギーについても同じだ。体のまわりに電磁場があるということ自体、医学は認めていない。しかエネルギーを …

no image

酸素水ウォーターサーバーなど健康に良いものを紹介

以下に体によいと思われることを紹介していこう。 ・消化酵素を摂取する必要がある みなさんが消化酵素を生み出す能力は著しく衰えている。だから解毒をして体を元の状態に戻し、正しい量の消化酵素を自力で出せる …