雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

今の若い医者は診察を軽んじている!?

投稿日:2015年2月8日 更新日:

診察のときに使う器具類は、聴診器や血圧計といった機械としては単純なつくりのものでも、過去から現在にわたり重要性は変わっていません。それでは、何が変わったのでしょう。
最近では結核が減り、胸水がたまっている人をとんと見かけなくなりました。しかし、打診は現在でも胸水や腹水の診断に有用であることに何ら変わりはありません。診療技術という面では、この打診の技術に代表されるように最近あまり用いられなくなは散見されます。

これは水の入ったバケツを外側からたたいて、内側の水面を予測するのと同じ原理で、かつて肺結核が大流行しており胸水がたまっている人が多くいた頃に威力を発揮した診察技術です。空気が入っている肺と水がたまっている肺とでは、たたいたときに音が違うからです。打診の技術は、左手を体にピッタリとあて、右の指で左の指をたたく診察法のことですが、一般的な内科の診察では最近メッキリ行われなくなりました。

最近の医者は診察技術より、検査データを重視するとよく批判されています。一面では当を得ていますが、疾病や病態の変化に伴い致し方のない側面もあると思います。

検査データのみを重要視しすぎる

昔の先生に言わせれば、今の若い医者は診察を軽んじている。検査データのみを重要視しすぎるという苦言がつねづね呈せられてきました。しかし、これらの現象は医者の世代によって差があることであり、一人一人の医者の診断能力を推し量れるものではありません。一度に大量をこなせないなどの効率的でない面もありますが。

一般的な検査が昔とは大きく変わりました。昭和四〇年代ごろまでは、一般の内科の医院に行って血液や尿の検査をした場合、その先生が自ら顕微鏡を使って白血球や赤血球を数えたり、尿の成分を診ていました。しかし最近では検査はコンピュータや検査センターがやってくれます。昔ながらの診断や検査の技術の中にも確かに学ぶべきものはたくさんあります。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイト

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイトがあります。それは、Dr.アルなびと医師バイトドットコムです。 これらのサービスは、登録すると、大量の求人の中から、あなたにあった求人を紹介 …

no image

医者になりたいなら志望校対策

塾や学校での成績はいいのに、志望校の過去問では、もう一つ成績がよくないとか、帰国子女でTOEFLなどではいい点をとれるのに、志望校の英語の問題がイマイチなどというケースは珍しくない。この手の人は、ほん …

no image

病院の人件費を抑える方法-初任給を高くしてベッド数を増す

人件費を抑えるうまいやり方としては、初任給を高くして多く雇い、ベッド数を増やせば、患者も多くなる。そうすると、入院の保険点数が高くなる。また、それだけの数を雇っても、総体的に給与支出を抑えればやってい …

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際には初めましてこんにちはという挨拶代わりに使っている医者が多い。「どうしましたか?」。医者が最もよく …

no image

医者が聴診器を胸に当ててるときにはしゃべってはダメ

学生が内科の講義か何かで、聴診器は耳で聞くものではないと、指導医からいわれるそうです。えっ、あの先生、なにいってんの?教室のあちこちで、そんな小声が交わされます。教室は一瞬ざわめきます。同じ患者さんで …