雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ワークシャツを着こなしてみよう

投稿日:

・働き者のワーク・シャツ

ワーク・シャツの言葉通り、もともとは作業用であったことを示しています。ワーク・シャツは、たいていは丈夫なデニム地で、両胸にポケットが付き、袖ボタンの数も多くなっています。そのボタンもふつうの貝ボタンではなく、スチップ・ボタンであることが多い。実はこれ、手袋したままでも開け閉めができるための工夫なのです。同じシャツでも下着的ではなく、むしろ上着的な感じを持っている。つまり寛いだ気分のときには上着を省略してシャツだけでもなんの違和感もないのです。現代の新しい目で見直すと、スポーティーで、応用範囲の広いシャツであることに気づきます。

外はたしかに寒いけれど、一歩室内に入ると暑いくらい、ということも珍しくはありません。礼儀上、上着が必要ないのなら、コートとシャツで良いではないか、というのが私の考え方です。男の冬支度は、シャツを着て、上着を着て、そしてコートを羽織るというのが一般的でしょう。けれども暖房の普及で室内外の気温差が大きくなっています。

ワーク・シャツを新しい感覚で着こなす

それはともかく、もう一度ワーク・シャツを新しい感覚で着こなしてみようではありませんか。洗濯後干すときに、しっかりとシワを伸ばしておけばアイロンの必要はありません。買うときは、なるべく丈夫で、しっかりとしたデニム地のものを選びましょう。

戸外ではコートを羽織り、室内ではシャツ一枚で過ごす。そのために必要なのは、軽くて、暖かく、動きやすいコートと、まるで上着の代わりをしてくれるようなシャツということになります。その身近な代表例が、ワーク・シャツなのです。まとめポイントとしては、上着の代わりをしてくれるのがワーク・シャツで、新しい目で見直すと、スポーティーで、応用範囲の広いシャツであるということです。働き者のワーク・シャツを、今の感覚で着る、というのは面白いものです。あなたも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ポケッチーフの応用法-胸ポケットに入れておくだけのものではない

・ポケッチーフの応用法 ポケッチーフは特に意識しなくても、自然にたまってしまうところがあります。最初からネクタイとセットになっていることもありますね。シルクのハンカチーフで、主として胸ポケットに飾ると …

no image

ボディイメージの変容に関して気分は無慈悲なほど激しく揺さぶられる

セルフやコスモポリタンなどの雑誌は、今の自分の体を愛しているとキッドに語らせる趣旨の特集を組んで、サイズのふっくらした体からまばゆく発せられる自信を称えてきた。痩せていた時には悪いお手本とみなされてい …

no image

ミンクの農場には大きな小屋が六つ

「捕まっても裏切りっこなしだぜ」。それから、運転手役のドッドソンを除いた全員がどやどやと車から降り、農場を囲む高さ一・五メートルの棚をよじ登った。農場内には大きな小屋が六つ。その中には、一匹ずつミンク …

no image

ヴィクトリアベッカムが来日した際の黒のジャケットのセンスはすごい

・セクシーなカジュアルスタイルをつくる黒のジャケット 黒のジャケットは、堅く見えるのですが、ある人の黒のジャケット姿を見て、欲しいなと思う出来事がありました、というある専門家。 何気ないシンプルな装い …

no image

子ども服-カジュアルで活発とピシッとお嬢様風など

子ども用だからといって、大人のセンスとまったく一線を画すのも、どうかと思います。キャラクターがドーンと出ているようなカラフルな洋服はちょっと、というのが正直な感想。基本的に、私が好きな子どもの着こなし …