雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ヴィッツの足回り-後ろ脚のふんばりが足りず腰砕けに

投稿日:2015年3月21日 更新日:

ヴィッツは欧州でヤリスの名前で販売されていますが、悔しいのは、こちらのサスペンションは実に感触のいい仕上がりで、ヴィッツとは違うクルマに仕上がっています。ヴィッツはパッケージング以外は平凡なクルマです。走り、とくに初期モデいくつか感心しない点がありました。最も気になったのはサスペンションで、後ろ脚のふんばりが足りず、少し元気よく走ると腰砕けになりました。

トヨタのエンジニアも、コストの縛りを受け、苦労しつつクルマを造っていることは理解できます。しかし、この程度でいいだろうと踏んで仕上げたサスペンションが、結果的に受け入れられなかったのではないでしょうか。欧州では、小さなクルマでも大人4人が楽に座ることができなければユーザーの選択肢に入りません。キャビンも、外観から受けるイメージより広く、長距離でなければ、大人4人が普通に座って移動できるスペースがあります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

出来のいいサスペンションがどんなものか

欧州車の乗り心地、出来のいいサスペンションがどんなものか体験した人は、日本車に厳しい評価を下すようになるでしょう。また、輸入車の増加は、エンジンに対する意識も変えさせてくれるかもしれません。ヴィッツに限ったことではありませんが、日本での輸入車の割合がもう少し多くなれば、欧州のクルマの水準を体で覚えたユーザーが増え、比較されることで日本車にプラスの影響が出てくるに違いありません。

トヨタが世界の舞台を見つめながら開発したエントリーカーだけに、最初からしっかりした脚を装着してほしかったと思います。その後、サスペンションのチューニングも行われ、車種の追加もあり、少しずつ改善されてきました。欧州のユーザーの平均速度は日本よりも速いため、ヤリスは高速走行でも安定したサスペンションにしたというのがトヨタの答えです。こう聞くと納得してしまいそうですが、平均速度が遅ければ相応の脚でいいことにはならないでしょうし、初期モデルのオーナーから不満が出てきたのは事実でしょう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車の修復歴の定義-クルマが壊れなければ

事故車は怖い。誰かをひいていたら・・。でも、中古車業界で事故車という言葉は絶対の禁句。何があっても絶対に使わない。中古車でいちばん怖いのは、事故車をつかまされちゃうこと。使うのは、修復歴のあるクルマと …

no image

ブルーバードシルフィの評価-日産を代表するミドルサイズセダンだが

ブルーバードは、日産を代表するミドルサイズセダンだが、ブルーバードシルフィは、社内ライバルに見劣りするという意見がある。最近はセダンのユーザーが高齢化、各車とも若返りに苦労する。クラウンがアスリートを …

no image

自動車のハンドル据え切りの問題

一九六五年ごろからサービス・フリーの考え方が急速に広まり、車体各部の回転・摺動部の材質と潤滑の見直し、防塵、防水等シールの改良が進み、そのおかげで今日では給油の必要はほとんどなくなり、またエンジン・オ …

no image

ワンボックスカーを家族のために買う必要はあるのか?

これがファミリードライブか?これが家族の空間か?運転席と助手席に仲よく並んで座って楽しげなお父さんとお母さん。その後ろでチャイルドシートに縛り付けられて泣き叫ぶ小さな子ども。 そこで必要になるのが、子 …

no image

フォルクスワーゲンの中古車で狙いたい車種は?

上級のパサートもあるが、日本でフォルクスワーゲンと言えば、やはりゴルフが基本だろう。このクルマを高級車として買う人は少ないだろうが、ボディのしっかりした作りは、かのベンツに勝るとも劣らない。かのヒット …