雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ヴィッツの足回り-後ろ脚のふんばりが足りず腰砕けに

投稿日:2015年3月21日 更新日:

ヴィッツは欧州でヤリスの名前で販売されていますが、悔しいのは、こちらのサスペンションは実に感触のいい仕上がりで、ヴィッツとは違うクルマに仕上がっています。ヴィッツはパッケージング以外は平凡なクルマです。走り、とくに初期モデいくつか感心しない点がありました。最も気になったのはサスペンションで、後ろ脚のふんばりが足りず、少し元気よく走ると腰砕けになりました。

トヨタのエンジニアも、コストの縛りを受け、苦労しつつクルマを造っていることは理解できます。しかし、この程度でいいだろうと踏んで仕上げたサスペンションが、結果的に受け入れられなかったのではないでしょうか。欧州では、小さなクルマでも大人4人が楽に座ることができなければユーザーの選択肢に入りません。キャビンも、外観から受けるイメージより広く、長距離でなければ、大人4人が普通に座って移動できるスペースがあります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

出来のいいサスペンションがどんなものか

欧州車の乗り心地、出来のいいサスペンションがどんなものか体験した人は、日本車に厳しい評価を下すようになるでしょう。また、輸入車の増加は、エンジンに対する意識も変えさせてくれるかもしれません。ヴィッツに限ったことではありませんが、日本での輸入車の割合がもう少し多くなれば、欧州のクルマの水準を体で覚えたユーザーが増え、比較されることで日本車にプラスの影響が出てくるに違いありません。

トヨタが世界の舞台を見つめながら開発したエントリーカーだけに、最初からしっかりした脚を装着してほしかったと思います。その後、サスペンションのチューニングも行われ、車種の追加もあり、少しずつ改善されてきました。欧州のユーザーの平均速度は日本よりも速いため、ヤリスは高速走行でも安定したサスペンションにしたというのがトヨタの答えです。こう聞くと納得してしまいそうですが、平均速度が遅ければ相応の脚でいいことにはならないでしょうし、初期モデルのオーナーから不満が出てきたのは事実でしょう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

コンバーチブルGT、XKR-Sコンバーチブルが初めて登場

ジャガー史上最も強力かつ高速なコンバーチブルGT(Grand Touring)、XKR-Sコンバーチブルが初めて登場した。 最高速度300km / hに達する最新型5.0リッターAJ-V8直噴エンジン …

no image

ムーブラテ評価-若い女性をターゲットにしたクルマ

ムーヴラテは若い女性をターゲットにしたクルマ。要は独身者でリヤシートを頻繁に使うわけではないから、ミラをベースに造った方が目的には合うだろう。 ミラにはスポーティなアヴィがあり、さらにクラシックな雰囲 …

no image

自動車が小型化する理由-ヨーロッパの炭素税など

1キロ当たり120gいうと、燃費に換算してリッター28キロとなり、90gではリッター33キロとなるが、過去にECの環境委員会は、ヨーロッパの自動車工業会に対して、1キロ走ったときのCO2排出量を120 …

no image

日産キューブのデザイナー-マグカップのような自動車

「渡されない場合は、会社を辞める覚悟で非対称デザインにこだわりました。」日産キューブのデザイナー、ヒロタダ桑原氏が言った。今回の第3世代キューブはもちろん、今の人気と評判があるようにした第2世代のキュ …

no image

バンパー修理の値段が高い日本の事情

欧州人は、自分たちの生活を豊かにするための金の使い方を知っています。日本人にはまだ少ないようですが、例えば夫婦でコンサートへ出かけたり、美術館巡りをしたり、味に没頭したりという具合です。 夫婦単位で行 …