雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

理想的なヴァータ・ピッタ・カパ体質の方それぞれの朝食の摂取の仕方

投稿日:

どの方についてもいえることですが、朝六時~一〇時の時間帯は、消化機能が低下しています。朝食をタップリとると、とたんに体が重くなってだるさや眠気、疲労感などが生じ、頭の働きも鈍くなってしまいます。

ピッタは火のエネルギーが強いので、燃やすべき食べものを体内にきちんととりこまないと、自分の体を燃やしてしまい、そのせいで衰弱するのです。ただしピッタ体質の方は、強い消化力にめぐまれ食欲も強いので、食べすぎにも注意が必要です。

カパ体質の方は、朝起きて食欲がないならお白湯ですませます。もし食べたいようであれば、葉野菜を具材にした汁ものに、ショウガをプラスするとよいでしよう。

ピッタ体質の方は、きちんと食べないと消耗してしまいます。ヴァータ体質の方も、エネルギーを保持する力が弱いので、朝食を抜いてはいけません。食べものを補給しないでいると、たちまち消耗してしまい、心身の状態が不安定になります。カパ体質の方は、朝食はごく軽くすませるか、抜いたほうが健康のためによいのです。

カパ体質の方は朝食をひかえる

カパ体質の方は、朝食をひかえると、日中、心も体も軽やかに過ごすことができます。いっもよりほがらかな気分になり、頭は朝からキリッと牙え、フットワークも軽くなり、想像以上の心地よさと健やかさを実感するはずです。

カパ体質の方は、もともと重さや鈍さ、ものをためやすい性質が強く、消化のスピードがゆっくりしているので、毒素をつくってしまいがちです。食べたものが未消化物=毒素となって消化力を乱し、さまざまな不調を生み出してしまうのです。

また、この習慣をつづけていくだけでスルスルと痩せていく方も少なくありません。毒素がたまりがちなカパ体質の方は、ぜひ試してください。また、ダイエットを心がけている人の間では、一日一食や、一日二食のまとめ食いは太る食事は小分けにして食べたほうが太らないといわれているようです。でも実際には、一日中、こまめにものを食べるほうが太ります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

昼食を1日のメインにすると理想的に消化してくれる

朝、昼、夜の三食は、消化力の強さに合わせてとるのが理想的です。比率でいえば、朝食:昼食:タ食=1:3:2。これには、自然界のドーシャの変化も関係しています。日本では、夕食を一日のメインの食事ととらえて …

no image

コレステロール値を下げる食品

彼の七六歳の母のコレステロール値が、グレープフルーツの食物繊維を摂ったところ近年では最低の値になり、一〇〇以下に下がったという。彼は、フロリダ大学医学部の心臓血管の外科医、ドクター・ダニエル・ナオフ。 …

no image

逆さ仏現象なるものが起こっている!?

寿命四十一歳説を述べた学者がいます。先生は「食」を中心とした人間の生き方を歴史的科学的に解明する「食生態学」を確立し、昭和三十四年生まれ以降の日本人の平均寿命は四十一歳だという衝撃的な警鐘を鳴らされま …

no image

精神崩壊の症状の治療に成功しているあるエキス

記憶の障害を経験したすべての人は、記憶の喪失とおそらくは逆転不可能な痴呆への漸進的な精神の下落をくい止める方法として、いちょうの葉エキスの摂取を考えるべきだろう。ある研究では、脳全体を流れる血液の量を …

no image

脳が記憶を残す仕組み

アタマのゴミを片づけたり、汚れを落としたり。つまり、アタマの浄化ができると、毎日を快適に過ごせるようになります。ゴミを作り出すマイナス思考そのものをなくすことです。これは、アタマが行き過ぎてしまう原因 …