雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ヴェルサーチのショーを見るために自腹切ってミラノに飛ぶ余裕はない

投稿日:

製品を身に付けて、周囲に見せてもらいたいという思惑なのよ。各企業が雑誌のエディターにティファニーの時計やスパのチケット、ゴディバのチョコレートなんかをプレゼントする例も知ってるけど、どっちかというと、スタイリストに自社製品の靴や服をあげるほうが多いと思うわ。

フイリップ・ブロックによれば、プレゼント攻勢は日常茶飯事だが、その動機はみんなが思うほど偏ったものではないという。僕ら、前列じゃなきゃ行かない、って冗談で言うんだけどね。前列じゃなきゃ行かないさ、そんなに暇じゃなんだから。ホントに来てほしいというなら、前列に座らせてくれなきゃね。実は冗談じゃないんだ。

ファッション・ショーって九〇〇〇万回もあるんだよ。ブラウスの場合、一応貸与されている服でも、デザイナーから、とっておいていいよ、と言われている。その中から俳優たちにプレゼントを渡すように、ということなのだ。ただし、俳優がそれを着ている写真と引き替えに。

出る杭は打たれる

出る杭は打たれる、って言うだろ。まさにそれだね。まあ有名税みたいなものさ(なんて絶妙なサウンド・バイト!この男、まさにファッション・メディア向きだ)。僕はフーランサーだから、ヴェルサーチのショーを見るために自腹切ってミラノに飛ぶ余裕はないんだよね。それだけのことなのに、みんな、何様だって感じで見るんだ。デザイナーのお金で移動することもあるよ、いつもってわけじゃないけど。デザイナーがスタイリストにただで何かをあげるのは、単なるご機嫌取りではなく、そうしないと仕事にならないからだというのがプックの主張である。

これほどまでに多くの力でファッション漬けにされてしまうのだから、私たちが溺れてしまうのも無理はない。もちろん、これらの実体が組み合わさることで、服が持つ創造性が社会的に大きく広がってきているというのなら、それはそれでいい。だが、大方のところはこんなふうにまとめられるのではないだろうか、広告とエンタテインメントとファッションの怪しい混ぜ物から生まれてきたのは、より大きな利益と箱になる服の山がまたひとつだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

人は変人になりたくないと思っている

概して、人間は、自分らしいと思える程度に目立ちたいのであり、変人には見られたくないと思っている。ごく普通の人々が普通でないものに手を出してみたところで、(別世界の人である若干のセレブやファッション関係 …

no image

服に対する考え方を変える力を備えていながら変えようとしない私たち

稀有な才能の持ち主でも、ファッション・ゲームに加わらないというだけで憂き目に遭うこともある。たとえば、いまひとつゴージャスな魅力に欠ける女優。映画で圧倒的な演技力を見せたのに、各授賞式でレッド・カーペ …

no image

パークが病気を引き起こすと言い切れるだけの研究結果は出ていないが

パークが病気を引き起こすと言い切れるだけの研究結果はまだ出ていない。研究者としては「科学者たちにはまだわかっていません」といった気の抜けたような声明しか出せない。なぜそのように不確実なのだろうか? 不 …

no image

ファッションショーやトレンドに関する報道を行うようになったメディア

真面目なニュース・メディアもファッションの世界に魅了されたらしく、ファッション・ショーやトレンドに関する報道を行うようになった。いわゆる政教分離を曖味にして広告主のコレクションの素晴らしさを褒めそやす …

no image

コルベール は重商主義のルイ一四世につかえた

社会階層が消失した日本では、一億総中流といわれるような独特な社会をつくりあげたおかげで、ほぼ全員がブランド品を手にしても、誰も違和感をもたなくなった。ちょっと見方を変えるなら、リボ払いを駆使し、バイト …