雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

宇宙の果てにあるもの

投稿日:

宇宙の果てはどうなっているのか?宇宙の全体を考えることはできない全体のイメージを持ち得ないのが残念なとこです。一点になるというのも、全体を引きずりながら縮んでいる。いま見ている大きさの所へ印をつけたものが、その外も同じようにつながっている。同じようなものなんです。同じようなものでもそれを知りたいという人のために言っておくと、ずーっといったらどうなるか、考えられていることは二つあるんです。

宇宙全体には限りはない可能性があります。無限である。無限だけども、無限のある所に、ここから測っていくつか印をつけていったとしますね。すると、過去にさかのぼればその間の距離はいくらでも小さくなる。

ずーっといくともとへ戻ってくるという、閉じた宇宙だ、という考え方ですがあります。これは、何しろ空間が曲がっているということがあるもんですから、ずーっとまっすぐ行けばまた戻ってくる。そのときは、宇宙全体は有限な体積です。

有限な体積が昔は体積がちっちゃくて

どっちの方向へいってももとへ戻るんですから。その有限な体積が昔は体積がちっちゃくて、それが大きくなった。ちょうど二次元の地球の上でずーっとまっすぐいったらもとへ戻ってくるように戻ってくる。三次元の空間の場合も、どっちの方向へいってももとへ戻ってくるということがあり得るわけです。

これ自体で空間ですから。もちろんほかの空間があるのかもしれません。でも、たとえそのほかに空間があったとても、どのようにじたばたしても、物理的な作用はこの空間の中でもとへ戻ってしまうということであれば、たとえ外があったとして、われわれはその外と無関係なわけです。

この話をするとまた、大きくなるんだから、それを入れておく何か大きなものを用意しておかないと大きくなり得ないんじゃないかと言われるかもしれませんけれど、そういうことではない。物理的な信号なり作用なりが、いわば自己開塞的になっているわけで、外へ行かないわけですから、その空間がたとえあったとしてもわれわれと無関係になるわけです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

宇宙を支配する4つの力の誕生

物質粒子と反物質粒子の数の非対称性は、専門家の間では、「CP不変性の破れ」、あるいは単に「対称性の破れ」などと呼ばれています。宇宙の膨張はその後も続き、宇宙誕生から一〇〇〇億分の一秒が過ぎ、宇宙の温度 …

no image

光の速度は一定であるという説

離れた場所だとちょっと遅れて光の信号が届く。それを補正しようと思うと、その光がどれくらいの速さで伝わるかということが分からなくてはならない。アインシュタインはそれならその光の伝わり方を決めてやろうと考 …

no image

人類が法則認識に最初にメスを入れた法則の階層は

人類が法則認識に最初にメスを入れた法則の階層は自然の側からみて全くの偶然的なものである。極微の世界といっても我々の大きさにくらべての話であって、全く相対的なものである。 すなわち我々の宇宙認識の境界は …

no image

われわれは常に加速度運動をしている

われわれは地上にじっとしていて日夜重力を感じている。アインシュタイン流に言えば、われわれは日夜加速度運動しているという話になる。じっとしているのに加速度運動している、これは一見矛盾ではないですか?とこ …

no image

神の定めた法則や密かにわれわれを操っている

神の定めた法則や密かにわれわれを操っている背後の世界に迫っている、などと表現するとオカルト的だが、科学はそういった世の中の秩序の根拠としても引っ張り出されるときがある。それは一時代前には宗教が果たして …