雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

宇宙の外側には何があるのか?

投稿日:

「宇宙がかつては一センチくらいであった」とかいうときの「大きさ」には注意がいる。「いま見えている宇宙の領域が一センチだった」と言ってる。いま見えている宇宙の領域は宇宙全部ではないんです。いまは宇宙全体を問うているわけではないんです。宇宙の外側をどう考えるのかよく、宇宙空間は一五〇億光年などというと、すぐにその外側は?という話がでる。しかし宇宙ですから、外側はないわけです。外側があったら、そこまで含めて「宇宙」と言うわけでしょう。

いま考えられている宇宙は一様ですから、この辺の平均物質密度くらいはどこまで行ってもあるんです。だから空っぽな所はない。そういう意味で、どこへ行ってもちゃんと物質は詰まっている。ですから、空間というのは、何かもう一つ大きなものを用意しておかないとそこへ行けないというものじゃない。

「いま見えている」というのは、宇宙が始まってから有限の時間しかたっていないものですから、見える領域が限られているわけです。宇宙が始まったとき出した光がいま到達した所が、一番遠くに見える所なわけで、それより向こうはたぶんあるんだろうけども、もうちょっと時間がたたないと見えてこない。

空間自体が大きくなるために

空間自体が大きくなるためにべつにあらかじめ空間を用意しておかなくても、空間は広がっていくわけです。これは考えにくいといえば考えにくいですけど。ふつうわれわれが宇宙を理解しようとすると、宇宙全体はどうであろうかということをまず知りたいと思うんです。私もそう思います。逆にいうと、残念ながらいまの科学はそれには何とも答られない。答えていることは、いま見えている範囲がある。

過去にいくと、その領域はどんどんちっちゃくなっていく。いま見ているこの領域、見ている所で宇宙が終わりというわけじゃないんです、もっと先に土地があるんだけども、いま仮にここに印をつけただけです。この印をつけた領域が、昔は一センチあたりまで小さかったときがあったということなんです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

ペンシルロケットがはじめて日本で作られた頃

ペンシル型ロケットで基礎技術を集積した東京大学生産技術研究所は、それらの技術を発展させ、「カッパ型」や「ラムダ型」などの観測用固体ロケットを開発しました。そして一九七〇年には、重さ二四キロの日本初の人 …

no image

無の世界の宇宙から有の世界へ

量子論的表現でいえば、ゼロ点付近で生じた宇宙の卵(正の真空エネルギーの泡粒)は、負の真空エネルギーの巨大な山を越えなければならない。すぐにでも負のエネルギー山を征服といきたいところなのですが、蟻よりも …

no image

衛星ガニメデは暗い部分と明るい部分に大別

太陽系最大の衛星ガニメデは、暗い部分と明るい部分に大別され、暗い部分にはクレータがたくさん見られます。一方明るい部分にはクレータは少なく、かわりに数百細にわたって平行に走る無数の溝が見られます。地球外 …

no image

宇宙の始まりは高温だった

温度が高いときには光から粒子・反粒子を対で作る反応も同じだけ起こっていたのが、温度が下がると、この作る反応が起こらなくなって消滅反応だけが進行して姿を消していった。ところがこのような消滅を免れる場合が …

no image

物質から莫大なエネルギーを取り出す

中性子の中身をいくら見ても、将来分かれるべき二つがもともとあるわけじゃないんですね。だから、離れると言うよりは、姿をかえると同時に、いっしょにいられなくなって分かれる。分かれるということは、位置を移動 …