雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

大宇宙、自然の力からすると人間なんて微々たる存在

投稿日:

私たちはともすると、どんなことをしても何もいわれないならよい、と油断しがちです。人が見ていない密室だから賄路を受けとる人もいます。国民にわからないからくりで、政治献金の源である、ある業界の利益のために税金を使うという政治家もあるようです。

絶対者、神や仏を再長れる心はいろいろな面に出てくるものです。大宇宙、自然の力からすると人間なんて、顕微鏡でも見えないくらいの微々たる存在でしょう。本当にそういう存在から見れば、たかが人間です。そのような小さな人間が異れをもたないで、超然と鼻もちならないものをチラチラと見せるのは、自分の浅薄さが見えず、心のおごりから出ているのであろう、と思うことが必要です。

他人はだまっていても、あるいはだれも見ていなくても、自分だけは知っているはずです。「良心とは、だれかが見ているかも知れないと警告する内なる声である」といったのは、たしか米国の評論家、アーノルド・グラソーだったと思います。

絶対者や神を怖れる心を失った不心得者への天罰

大学を優秀な成績で卒業し、日本をリードする企業のトップに登りつめた人、役人として頂点を極めた人たちの悲しい末路は、絶対者や神を怖れる心を失った不心得者への天罰であるように思えてなりません。

ちっぽけな利益に目がくらむなど、恥かしいことです。それ以上に大事なのは、天が見ているということです。現代人は見えないものを怖れる心をどこかに置き忘れてしまったのではないかと思うくらい、いろいろな事件が後をたちません。

そういうものをなくすための、ささやかな挑戦に尻ごみする大衆の弱さかもしれません。ことさら騒ぎたてる人でも、公慣する心を去勢されていないだろうか、というするどい自分への問いかけが必要になるのでしょう。自然の偉大さ、怖さを見つめるまなざしこそ、聡明の極致ではないかと思う。レッテルと実体とをとりちがえて地位にしがみつくのは、はたから見ていると滑稽でもあります。本人には見えません、というか、そう思いたくないのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

うなずきが相手に与える効果

大勢の人達を前にして話をする時、なかには話に合わせてうなずいている人が、必ず二、三人はいます。するとつい人情で、その人のほうを向いて話をするようになってしまいます。うなずきのなかに好感を持ってしまうの …

no image

相手の目を見て話すことへの疑問

もしあなたが話をしている時に、じいっと相手に見つめられうで不倫快なものです。実際に人は話をしている時に常に相手の目ばかり見てはいないものです。あなたは今までに、「常に相手の目を見て話をしなさい」と人に …

no image

偶然だった出会いをひと言でかけがえのない人間関係のきっかけに

人間にとって最も大事な「無視していませんよ」というサイン。真理は単純な中にある。ある意味では偶然だった出会いを、私たちはひと言でかけがえのない人間関係のきっかけにし、会話によってそれを実らせているので …

no image

苦手な話と得意な話

何人かが集まって話している時、自分の不得意な話題、あるいはあまり話しよい相手ではない時に、どうやって自分のペースに入り込むかは、話し上手になるひとつの道でもあります。人は誰でも話しやすい話題と、そうで …

no image

いない人の悪口などは言わないで沈黙を守る

噂話の大部分は無駄で、しかも自分にとってマイナスなものです。第三者の話が必要な時があります。第三者の名前をあげなければ、どうしても話が進まない時、たとえば誰々さんが結婚するので、そのお祝いの品物を買い …