雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

うつ病と思い込み

投稿日:

困ったことがある。それはA子さんの噂話の中に、ときどきとんでもない思い込みがまぎれ込むことだ。「この間、うちの太郎がすごく深刻な顔をしていたのよ。それとなく見ていたら、こっそり一人で屋上に行ったの。飛び下りるようなことでもするんじゃないかと思ったの。何か思いつめていて、あのままだとあぶないわ。何とかしてあげなくちゃと言う。

情報を教えてもらうために、こちらも親しんで、いろいろなことを打ち明ける。ますます彼女の中には情報が蓄積され、裏話好きのA子さんは目に見えない力を発揮する。ここまでであれば、噂好きのA子さんで、どこの職場にも必ずといっていいほど存在する一つのタイプである。

この噂はたちまち何人かの口に伝わり、太郎は上司に厳しく叱責されたのがきっかけでうつ病に取りつかれ、自殺を図ろうとした、という話になった。この話は当然、太郎の耳に入った。太郎にはまったく身に覚えのないことだ。たまたま前の晩、飲み過ぎて一日酔いで気分が悪くなったので、ちょっと屋上に行って冷たい空気に当たって戻った。

うつ病になって屋上から飛び下りるのではないか

A子さんはそのとき、太郎がうつ病になって屋上から飛び下りるのではないかと本気で心配してしまった。いや、心配だけではない。本当にそう行動すると思ってしまったのだ。たしかに太郎にも少しは上司とトラブルがあって、そのことをチラチラとA子さんに話していたのりるとか、うつ病なんてとんでもない。

「どうしてそんなふうに思ったのかなあ」、「いやあ、それはA子さんがうちの太郎、太郎とかわいさあまって、心配しすぎているためだろう」などと職場で話される。A子さんにすると、まったくの善意である。悪意で言ったのでもなければ、悪い噂を流したつもりも毛頭ない。

しかし、A子さんはときどきこういう一方的な思い込みをして、それを本気にしてまるで本当であるかのように人におしゃべりをしてしまう。それは彼女の世話好きや同情心に発し、相手が傷ついたり、困ったりしているという思い込みで起こるのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人間は脳の部位を使って言葉をかたちづくり言語の音を生みだしている

一八万年ほど昔に現在のケニアの悪地クービフォラに住んでいたあるホモ・ハビリスの脳の容積は、七七五立方センチメートルほどもあった。彼の友人や隣人たちの平均的な頭蓋容量は、約六三立方センチメートルだ。 狩 …

no image

交通事故の賠償金目当てで使う仮病

賠償金目当てで仮病を使っているのではないかと言う。しかし、彼はけっして意図的にそうしているわけではない。それがいわゆるヒステリーという病気の本態である。 加害者である会社の社長さんが彼を見舞い、心から …

no image

組み合わせによってそれぞれの性格のどの面があらわれるか

あまりにも何度も暴力沙汰ということになると、反社会的人格というレッテルを張られるおそれがある。しかし、実は人間はだれもがいろいろな性格の側面を持っている。いくつかの性格傾向をそなえている。もし特定の性 …

no image

叫びだしたい気持に襲われる

一輪の草花もその存在を主張するように明るく輝いて私に語りかけてくるよう。私も共に在るそう強く感じると同時に深い感動と歓びが根底からわき上がるのを覚え、何ものかに感謝し、叫びだしたい気持に襲われた。 た …

no image

人類全体がさまざまな知覚にもとづき迷いや矛盾をもちながら

人類全体の心に近づいていくとき、私たちは他人の知覚や思考を自分が関知しない数多くの人々の知覚や思考さえ、自分自身の知覚や思考と同じくたいせつなものと感ずることができる。事実私たちは、今、全人類が世界の …