雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

嘘も方便が扇じると精神異常に

投稿日:

得意の話をする時に人は生き生きとします。説得力もあり、表情も非の打ちどころがないほどみごとなものです。ただその話の内容が、その人のプラスの面に作用している時はよいのですが、職場の不平を言っている時だとか、他人のよからぬ噂話をするのが一番好きだなど、マイナス面の話が得意の時に、話術はまったく困った方向に使われてしまうことになります。

男性と人生の話をするのと、女性と人生の話をする時では、内容によっても違いますが、前者を百とすると、後者では八十ぐらいです。その八十の内訳は、人生論という得意の割合が五十で、女性という不得意要素が三十です。しかし、これを単に女性と世間話をする時とくらべると、この場合は二十ないし三十ぐらいです。つまり、女性と漫然と話をするよりも、女性と人生論をやったほうが話しよく、さらに男性と人生論をやる場合は最もよいということになります。

嘘も方便、人を繋いたりするのも話術のひとつです。一方、楽しく話したり、堂々と正論を吐露するのも話術です。プラス面に作用してもマイナス面に働いても、話術は話術です。しかし、もうこの場合には話術について説き得る限界を越えてしまっていて、あなたの人格そのものや倫理性の問題になってしまいます。

最も憎むべきは嘘

巧みに行われる話のなかで、最も憎むべきは嘘です。あまりこれが扇じると、精神異常として扱わなければなりません。もっとも精神異常として扱う嘘は、はじめから嘘とわかっているのに本人だけが嘘と感じず、うまく他人を欺いていると信じている時も多いのです。結局、自分を欺いているようなもので、罪がありません。自分の得手不得手を知るいっぽう、他人の話の内容や方法をじっくり見るのも非常に大切なことです。

話術以前に、自分自身に厳しくすることが、話術の大切な条件であることは言うまでもありません。千万言を費して謝意を述べるよりも、ただひと言、ありがとうございましたと、心の底から頭をさげるほうが、はるかに優れた話術であることを知っておいていただきたいです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

計算された位置や話す内容

視覚的に話す「東京にもまだこんな静かなところがあるんですねえ」とW氏。「はあ、ですからたまに銀座などへ参りますと、すぐ頭が痛くなってしまいますの」「そうでしょうねえ」W氏は相づちを打ちましたが、心のう …

no image

美という言葉で表現できないものをあざやかに語る

ある著書の中で、次のようなことを書いています。もう五十年以上も描きつづけ、高い評価を受けている洋画家のお宅にインタビューにうかがったときのことだ。 学生時代優秀だったという方々の中に、「勘違い」がまま …

no image

つまらない話の対処方法

疲れたり退屈したりすると、人は姿勢を崩します。段々と体の揺れが大きくなってくると、話し相手としては不快の念が起きてきます。その原因のひとつは、はじめのころの楽な視界から、相手が大きく左右上下に動くので …

no image

ネガティブな言葉をポジティブに変換しよう

女ざかり、というのは、〈女の一番美しい年ごろ。女が肉体的、精神的に最も充実している年ごろ〉と辞書は解説しています。これは女の美しさを外見からとらえた言い方で、古風なアングルだと思います。昔は、年齢で女 …

no image

こころのカルシウム足りてますか?

最近、TVや雑誌で、ヘルシーなからだ作りのためにビタミンとミネラルを摂ろう?とさかんに言われています。生活習慣を見なおすこと。栄養を考えて食べること。日光を浴びること。運動をすることなどなど。骨粗髪絵 …