雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

嘘を見破る方法

投稿日:

嘘の弱点は論理性に乏しいことです。同じところを繰り返してみたり、相手に少しでも反応のあった部分に念を押してみたりします。自分で自分の話に、うんとか、ええとか返事をしたりします。しかし、これは普段から癖になっている人もいるので一概には言えません。それを論理があるらしく見せかけるために、強調点が多くなります。話のしかたとしては、いわゆる念を押すような話し方になります。

ことにその話を数日おいて再び聞いてみると、目と口のバランスがとれずに、表情が固いのが容易にわかります。
目と同様、手も日常のその人と反対の動きをします。しかし、多くは手が体に密着するようなところ、つまり、今まで膝に置いていたとすると、両足の間に両手を合わせて入れたりするようになる人が多く見受けられます。

共通しているのは時々目が上を向くこと

目が急に動きはじめます。逆にいつもよく動く人は動かなくなります。共通しているのは時々目が上を向くことです。考えるせいでしょうか。その時、口を少し開いているのも特徴です。ことに女性の嘘が男性にくらべてすぐわかってしまうのは、女性の苦手とする論理性が嘘には必要なことと、感情が先に立ってしまって、表情をかくしきれないためです。女性が男性にくらべて、正直な人が多いのは幸せなことです。

こうした相手の話の内容についての細かな判断や、それに適応した態度を見つけ出そうとするあなた自身の試みが、これまで作り上げられてきたあなたの話のしかたを、徐々によい方向へと変えていくものであることを私は信じています。もしあなたがどうしても嘘をつかなければならない時には、こうした表情が外へ出ないように注意することです。あらかじめ嘘をつこうという目的がある時には、話のつじつまが合うように組み立てていても、こうした表情まで考えに入れておかないと、せっかくの苦心も水の泡です。それどころか、相手にゆっくりと観察され、楽しまれてしまいます。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

あがる、緊張するといったことを克服するには?

自分がどう評価されるか、どんな人間に見られるか、ついに研究を発表する機会がきた、果たして聴衆はどんな反応を示すか、苦しかった練習の成果を試す時がきた、間違わずにできるだろうか、正常な感覚を持つ人ならば …

no image

苦しみを味わう人ほど強く生きられる

話の内面の密度を濃くしたいというのであれば、意識してものを見、注意力を集中して聴く必要があります。ところで、あなたのうちに追動車があるでしょうか。車の登録番号は何番ですか。さあ答えてください。晴踏せず …

no image

無理して話すのは嫌われたくないから

夏休みはどうするの?面白いこと、ある?などと言ってはみるものの、気分が乗らないから当然話は弾まず、ひとりになった時、ドッと疲れる。人間って自分でも気づかないうちに、いろんなものを背負い込んで毎日をエッ …

no image

聞き手の様子を分析しておくことが重要

聞き手の様子を分析しておくことが重要です。聞き手はどんなことに興味、関心を持っているのかがわかれば、そこに合わせてメリットを訴えかければいいのです。たとえば、新製品Cでは、聞き手が写真を多く撮り、よく …

no image

目を見ないで話すことが可能だと分かる実験

ここでひとつの実験をします。モナ・リザの絵を見て、それを片手で持って、腕をまっすぐに伸ばしてください。あなたの目の正面に、エリザベッタ夫人の目がくるようにしてください。絵をそのままの位置にしっかり見た …