雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

ウランの埋蔵量と枯渇の問題

投稿日:

ウランの埋蔵量には限度があります。今のように使っているともちません。石油よりも少ないといわれています。そこで高速増殖炉が考えだされました。再処理で抽出したプルトニウムをウランとともに燃やし、それ以上のプルトニウムを生み出す。

一九四五年八月、広島・長崎で原子爆弾を投下された。あれから七十年が過ぎましたが、追跡調査はおこなわれています。それによると、ヒトはマウスよりも放射能に強い耐性をもっているらしいということがわかりました。だからといって、人間は放射能を気にしないでもよいということではありません。放射能は、DNAを傷つけるのです。

普通の原子炉で燃やすウラン235は天然ウランから〇・七パーセントしかとれません。残りの燃えないウラン238(ウラン235より少し重い)をプルトニウムに変えれば、九九・三パーセントをエネルギーに変えることができます。

放射性のごみがたくさん出ます

原子力発電では、放射性のごみがたくさん出ます。核燃料から漏れてきた死の灰や、原子炉内の鉄さびに放射線が当たって生じたものなどです。そのほかに放射能で汚れた水を煮詰めたもの、放射能の回収に使われたフィルター類などがあり、それらをセメントに混ぜたり、アスファルトやプラステイックに混ぜたりしてドラム缶につめ、青森県六ヶ所村に作られた埋設センターに埋めます。これらは相対的には放射能濃度が低いので「低レベル放射性廃棄物」と呼ばれていますが、それでも三〇〇年は観察を続けなければなりません。

軽水炉で燃やしていたのでは、原子力発電はもちませんが、高速増殖炉でプルトニウムに変えることによって、千年単位でエネルギーが供給されるということです。軽水炉で発電を続けると、まず、ウランを燃やしたときに出る放射性の廃棄物をどうするかという問題があります。原子力発電で燃やされた使用済み燃料(放射能濃度が高い)には、そのまま「高レベル放射性廃棄物」とするか、再処理してプルトニウムを取り出すかの二つの道があります。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

人々はどのように環境を破壊したのでしょうか

文明の発達した土地では、人々は余剰生産物ー生産者自らが必要とするもの以上のものに依存して生きています。都市なしには文明は存在できないでしょう。都市は、農村から食料や原料の一定の供給がなければ存続できま …

no image

伐採し木材として使う場合はできるだけ長く利用していくことが望ましい

樹木のCO2吸収力は、樹齢の若い木の方が大きく、成熟段階になると吸収力が落ちてきます。スギの場合、植樹後二〇年ほどたった頃が一番吸収力が大きい、つまり成長力が大きい時です。スギやヒノキのように木材資源 …

no image

義務教育は特定科目への集中から一般教養に切りかえる必要がある

義務教育は、特定科目への集中から、一般教養に切りかえる必要があります。そしてその内容として、何のために生きるか、幸せとは何か、自然との調和とはーなどを中心におく必要があります。微分、積分、周期率表が、 …

no image

分業体制は立派な経済行為として成り立っている

北海道の札幌市で一杯やった時のことです。酒のつまみとして出てきた明太子は九州産でした。「けど、原料のたらこは、北海道産なんですがね」と店の人が付け加えました。つまり北海道産のたらこを九州に運んで明太子 …

no image

植物が陸上進出をしたとき

植物が陸に上がったのは、今から四億年あまり前と考えられています。動物が上がるのはそれより遅れました。植物は光合成によって有機物を自分でつくることができますが、動物は有機物を外から得ないと生きていけない …