雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

ウランから出る放射線作用

投稿日:

ウランから出る放射線は、黒い紙で覆われた写真の乾板を感光させるほかに、蛍光物質を光らせたりすることがわかりました。このような放射線を出す作用を放射能と呼んでいます。

一八九六年にベックレル(フランスの物理学者)がウランの鉱石について研究していたとき、この鉱石のそばにあった写真の乾板が、厚い黒い紙に包まれていたにもかかわらず、強く感光されているのを発見しました。当時は、レントゲンがX線を発見して間もないころで、人間の目に直接感じないのに、物を通り抜ける強い作用をもった放射線というものがあるということがわかっていました。

その後、ウランのほかにも、放射能をもつ物質がたくさん発見されました。鉛より重い元素のほとんどが放射能をもっています。

日本で主に使われている原子炉である軽水炉でウランを燃焼させると、一部がプルトニウムに変化します。このプルトニウムと燃え残っているウランを再処理してふたたび燃料として利用すれば、資源の利用効率を高めることができます。

環境問題のむずかしさ

いろいろな意見が出てくるところに環境問題のむずかしさがあります。地球の温暖化は果してあるのか、ないのか。あるとしたら、なにが原因なのか。しかし、少しでも危険と考えられるものには、できるだけ早く手を打っておく。それ以外に方法はないのではないでしょうか。研究が進んで、危険だと思われていた物質が安全だったと判明したら、それは喜ばしいことです。

地球は一つの生態系となって、まるで大きな生き物のように存在しています。その生態系に、私たちがいろいろな化学物質を加えたり、自然の循環を断ち切ったりしている事実を忘れずに生きていきたいものです。

私たちは、はっきりとはわからないまま、最良と思われる対策をとっています。この姿勢が、環境問題では大切だと思います。反対に、安全と考えられていたものが危険だったら、取り返しがつかなくなる恐れがあります。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

遺伝子工学という手法で動物、植物、細菌の品種改良をすることができるように

一九七〇年代以降になると、遺伝子工学という手法で、私たちは動物、植物、細菌の品種改良をすることができるようになりました。遺伝子工学というのは、ある生物の遺伝子を、無毒化したウイルスに運ばせて、相手方の …

no image

木を切ったら生きていけなくなるのに一生懸命木を切りつづけている

もし宇宙から地球の運命を眺めるならば、宇宙人として地球の未来を眺めるならば、どういうふうに見えるでしょうか。まずフロンガスをどんどん出しています。オゾン層が破壊されたら自分を死に至らせることを知ってい …

no image

野菜や果物などの輸入について

塩蔵野菜の輸入は約二〇万トンで、キュウリ、ナス、ラッキョウ、ワラビ、シメジなどが輸入されています。冷凍野菜の輸入は、約七二万トン、エダマメ、ホウレンソウ、スイートコーン、インゲン、グリーンピース、混合 …

no image

日光浴の効果はどうなのか?

環境破壊の激しさに、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどでは、さまざまな対策が実施されています。 地球温暖化の原因となる二酸化炭素対策としては、ヨーロッパでは赤信号などで自動車のエンジンを停止する …

no image

アメリカの非を認めたときの爆発的な軌道修正力

アメリカについて、期待が持てることがあります。それはひとたび非を認めると、爆発的な軌道修正力を持っていることです。六〇年代初め、ソ連に宇宙開発で遅れをとったアメリカはこれを反省し、ケネディ大統領の下で …