雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

鵜の目と鷹の目の脅威の視力の秘密

投稿日:2017年8月13日 更新日:

鵜の目と鷹の目の脅威の視力の秘密

鵜の目と鷹の目

鵜の目と鷹の目。鵜の目と鷹の目の脅威の視力の秘密をご存知だろうか。鵜の目と鷹の目というのは、鵜や鷹がターゲットを探しているときのような姿を意味しているのだが、鵜の目と鷹の目は本当に凄いのだ。

バーゲンセールで掘り出し物を探しているおばさんたちの目は、ランランと輝いていて迫力十分だ。まさに鵜の目、鷹の目で獲物を狙っている感じだが、この鵜や鷹は本当に目がいいのだろうか。

人間の場合

人間の場合

人間の場合、水中で目を開けても、完全にクリアには見えない。水の影響で、ちょうど遠視のような状態になってしまうためだ。

ところが、鵜の場合は、水中を泳いでいる魚を一瞬のうちにつかまえるのも朝飯前だ。というのも、鵜は、水の中で速いスピードで水晶体をふくらませ、目を調整することができるのである。

水による光の屈折や変化を是正

これで水による光の屈折や変化を是正し、魚の姿をキャッチすることができるのだ。この調整力は、実に人間の十数倍もあるといわれている。

鵜は、長良川の鵜飼が有名だが、水の中にいる魚を素早く狩ることができ、その優れた能力を発揮している。

鷹はどうだろうか

鷹はどうだろうか

一方の鷹はどうだろうか。人間の目の細胞が1ミリ平方当たり約20万個であるのに対して、幅は約8倍の150万個もある。つまり、超高感度フィルムというわけである。

だから、はるか下の草原を走るウサギなどの小動物の姿も、上空から楽々ととらえることができるのだ。一般に、肉食の猛きん類は、みないい目をしているといわれており、特に鵜や鷹だけが他の島に比べていい目を持っているというわけではない。

鵜飼いや塵狩りなどに見られるように

だが、鵜飼いや塵狩りなどに見られるように、鵜や鷹が人間に密着していたことから、いい目を持った鳥の代表となったのであろう。

兎とか野鼠などを空中で見つけ出して狩ってしまうその能力は、本当にすごいものがある。

鷹は、何と、80メートルも離れたところからでも、地上の生物を発見できるそうだ。昆虫のような小さい生き物でも見えてしまうらしい。

-雑学

執筆者:

関連記事

電車はいつどうやって掃除しているのか?

電車はいつどうやって掃除しているのか? 昔は、終電が終わった後、清掃係の人が床や窓、吊り革などを磨いていた。毎日、電車が運行を終えたあと、一生懸命掃除していた。 電車はかなりの大きさだから、掃除するの …

ココアの持つ意外な健康効果とは?

柿の種にピーナッツが入るようになった起源は?

柿の種にピーナッツが入るようになった起源はご存知だろうか。柿の種は、最初は親指大の大きさで、今の形になったのは昭和初期。ただし、ピーナッツは入っていなかった。餅米を使ったあられや柿の種は食料品店が一斗 …

核ミサイルの発射係が発射ボタンを押したらどうなる?

核ミサイルの発射係が発射ボタンを押したらどうなるのだろうか?大統領は発射命令を出すだけで、実際に発射ボタンを押すのは、発射管制官という専門職である。 この発射管制官が突然発狂して、いきなりボタンを押し …

プレバトというテレビ番組で

ボウリングシューズのデザインがダサい理由

ボウリングシューズのデザインがダサい理由はなんだろうか。日本では1970(昭和45)年前後に空前のボウリングブームが起こった。プロの試合には、あふれんばがりの観客が!当時はTV中継もあった!史上最強の …

アンネの日記は

下着のラインが透けて見えない理由は?

ひょっとして・・なのか?スカートは夏用の薄い生地なのに、下着のラインがまったく見えないことに気づいた。通勤途中の駅のホームで目の前に立ったのは、パッツンパッツンの白いタイトスカートをはいたOL。 以前 …