雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

危ない運転姿勢のドライビングは今すぐやめよう

投稿日:2014年11月8日 更新日:

今まででいちばん驚いたのは、ガソリンスタンドで洗車の仕上がりを待っていたときに聞いた、常連らしき男性と店員との会話である。

声の主を見たら、50歳ぐらいの男性だった。「オレなんて、高速乗ったらあぐらかいて運転してるよ。今度のクルマには高速でアクセル踏まなくてもいいようなのがついてるんだけどよ、あれは便利だな」。「それはラクですねー」。・・私はびっくりして、読んでいた雑誌から思わず目をあげた。

そんな態勢で運転しているのはこのオジサンだけであってほしいと思っているが、もしほかにもいたとしら、前後左右はぜったいに走りたくない。そのときにそんな話を耳にしていなければ、オートクルーズにしてあぐらをかいている人がいるなんて今でも知らなかっただろうし、考えたこともなかったにちがいない。この人は、急ブレーキを踏まなきゃいけないような状況になったらどうするつもりなんだろう。このケースは圧倒的に男性が多い。そんなとんでもないドライバーのせいで事故の巻き添えを食うのはまっぴらごめんだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

とんでもないドライピングボジション

そんな姿勢で運転していて、とっさのときにちゃんと反応できるの?と疑いたくなる人がじつに多い。ながら運転と並ぶ危険運転は、とんでもないドライピングボジションをとっている人たちだ。

ATのワンボックスを運転していた作業着姿の男性は、左足をシートの上に乗せて立て膝の状態にし、その上にほおづえをつくような態勢でステアリングを握っていた。ATのセダンを運転していた男性で、センターコンソールのエアコンの吹き出し口のあたりに左足を乗せていた人も見たことがある。

おなかがじゃまして起きられないのか、と思うほどシートを倒して運転しているオジサンなんか、だったら健康のためにもダイエットしたらと言いたくなる。ドアに体をもたせかけて半身の姿勢になっていたり、センターコンソールの肘掛けに肘をついているのはまだいいほうだ。助手席の女の子の肩に手をまわしていた20代の男の子。

そんな恰好で運転する人もする人なら、何も言わない同乗者も同乗者だ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のロードサービスはライフスタイルにあったものを選ぼう

車を買うときには、ロードサービスへの入会をすすめられるが、このサービスも、ひところにくらべて、かなり多くの会社が参入しているということをご存じだろうか。それぞれの会社によって、サービスも年会費も微妙に …

no image

シートアレンジが便利にちがいないと思いこむのは早計

シートアレンジの操作の仕方は、あまり複雑では使いにくい。かんたんに動かすことができるかどうかも試すこと。ミニバンやワンボックスカーでは、いろいろとシートアレンジできる点が売りのひとつになっているものも …

no image

オデッセイの進化-多座席車のイメージとまったく違う走り

・ミニバンミドルクラス・オデッセイ オデッセイは、それまでのワンボックスタイプの多座席車のイメージとまったく違う走りを見せ、販売台数を伸ばしました。ミニバンはホンダの初代オデッセイがパイオニアです。初 …

no image

アメ車の並行輸入車や悪徳業者が経営している販売店

悪徳業者は国産激安系ではなく、高価な外車屋に集中することとなった。外車を狙うときこそ店選びは慎重に。めちゃめちゃ高いお金を支払わされたあげく、手元に残るのは、見るも無残なクルマ。そんなひどい目にあう確 …

no image

電気自動車「モデルS(Model S)」がついに発売

化石燃料を使用せずに、爆発的な走行が可能な電気自動車「モデルS(Model S)」がついに発売。 米国の日刊紙USAトゥデイは(現地時間)美電気自動車メーカー「テスラ·モーターズ」で製作したモデルSが …