うなぎの蒲焼を焼くときに団扇でバタバタあおぐ理由

公開日: : 最終更新日:2017/08/20 雑学

蒲焼を焼くときにバタバタあおぐ理由は何でしょうか?うなぎのような脂っこい魚は、炭火で急激に加熱されると、刺激の強いいやな臭いが発生する。さらに、炭火の上に落ちた脂が燃え、その煙がうなぎにつくと味が落ちる。団扇でバタバタあおっているのは、いやな臭いや煙がうなぎにつかないよう振り払っているのである。

だから、うなぎ屋のパフォーマンスといえば、店先で団扇をバタバタあおぐことがあるが、蒲焼の焼けるいい匂いが漂い、思わず店に入ってしまいそうになるこのパフォーマンス、じつは客寄せのためだけにやっているのではないわけなのだ。

というわけで、団扇をバタバタあおっているうなぎ屋なら、味のほうはかなり期待していいのだ。うなぎの蒲焼を食べたくなったら団扇をバタバタあおっているを探すといいだろう。

うなぎ料理の歴史

日本におけるうなぎの歴史はとても古い、うなぎが古来からどのようにして人々の食生活にいたのか。

うなぎは、古くは約5000年前の縄文遺跡の貝塚からうなぎの骨が出土しており、その他数々の貝塚からもうなぎの骨がが出土しているそう。

うなぎが初めて文献に登場するのは「万葉集」で、「武奈伎(むなぎ)」と呼ばれています。

またうなぎの豊かな栄養については奈良時代の頃から知られているようです。

生簀料理は美味しい?

生賞料理とは、店内に大きな水槽をしつらえ、そこに生きた魚を泳がせておき、客の注文があるたびに、その魚を刺し身などにして出す料理のこと。なにせ、まな板に乗る直前まで、その魚は生きていたわけだから、これ以上、新鮮な魚はない、というのが売り物である。たいていの日本人は、魚は新鮮であれば新鮮であるほどうまい思っているはず。では、生簀(いけす)料理は、ホントにうまいのかというと、これが一概にはいえないのだ。

魚には、獲れたてを調理するより、締めてからある程度時間がたったもののほうが熟成が進んでうまくなるものが多い。魚なら何でも生や新鮮がいいというものではない。たしかに一日程度なら、獲れたばかりの魚を生賞に泳がせておく意味はある。胃の中身が消化され、よけいな脂肪分がとれるからだ。しかし、それ以上、生簀に生かされていた魚は、必要以上に脂肪が落ちてしまい、はっきりと味が落ちるのだ。

酢でしめる、太陽に干す、寝かせる。魚をおいしく食べるには、昔からそうしたさまざまな知恵があったことを忘れてはならない。何でもかんでも生が美味しいとは限らないわけだ。

スポンサーリンク

ダブルプレミアムのレビューは?

STLASSH脱毛の料金は?

イエコマの評判や評価、口コミは?

住宅ローン借り換えセンターの評判は?

関連記事

no image

ラーメンを漢字で書くとどんな字になるの?

ラーメンは、今や言わずと知れた国民食である。もともと中華圏の食べ物であるが、今では、本場中国

記事を読む

no image

ホテルの備品の持ち帰りはどこまでOKなのか?

ホテルの備品はどこまでなら持ち帰ってもOKなのだろうか?都内近郊の幾つかのホテルに聞いてみた。

記事を読む

no image

野菜ジュースを自動販売機であまり見かけない理由

最近は健康ブームのやミネラルウォーターが買える自動販売機も増えているが、お茶やジュース、スポーツドリ

記事を読む

no image

徒歩1分が80mだと不動産広告で計算されているのは何故?

不動産広告で徒歩1分を80メートルと計算する理由はなんでしょうか?不動産の表示に関する公正競争規約の

記事を読む

no image

たばこの価格が値下げされないのは何故?

たばこの小売価格は400円程度まで上がっていますが、20本入りのたばこ1箱にかかる税金は200円程度

記事を読む

no image

日本人の鼻はなぜ低いのか?その理由

鼻の軟骨が大きくなれば、自然と鼻も高くなる。栄養状態によって、鼻の高さがかなり変化するのは、鼻の骨が

記事を読む

no image

打ち上げ花火の仕組み-何故空中でちゃんと開くのか?

花火はそれぞれ決められた高さに上がってから開く。なぜ着火した時点で開いてしまわず上空に上がってから開

記事を読む

no image

O型の人は蚊に刺されやすいというのは本当?

夏に気になる虫といえば蚊。蚊は空気中の炭酸ガスを感じ取り、より濃度の高い人間や動物に寄ってくる。よく

記事を読む

no image

日本初の路面電車は京都だった

日本初の路面電車はいつか。わが国ではじめての市街電車が走ったのは明治二十八年(一八九五)のこの日。四

記事を読む

no image

回転寿司の元祖-最初に発明した人はいったい誰なのか?

回転寿司を最初に発明した人は人は大阪の白石義明氏。「氷のてんぷらで特許」を取った人で、アイデアマンだ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚に真珠は聖書の言葉だった
豚に真珠は聖書の言葉だった

「猫に小判」と並べてよく使用される「豚に真珠」という「ことわざ

関東と関西ではなぜ味付けが違う?
関東と関西ではなぜ味付けが違う?

食べ物の味付けは地方によって違う。とくに関東と関西では、一般に

自分の声を録音して聞くと変に聞こえるのは何故?

私達は普段自分で喋っているときの声を何気なく聞いており、それを

美容院でシャンプーするときに仰向けで行う理由
美容院でシャンプーするときに仰向けで行う理由

欧米では、理容院でもあおむけの形式が多いらしい。ちなみに、この

首都高速の料金がタダにならない理由
首都高速の料金がタダにならない理由

そういえば高速道路っていつタダになるんだっけ?と思った人がいる

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない
ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

光すら逃げだせないブラックホールとはどんなものなのでしょうか。

指の関節がポキポキと鳴る理由
指の関節がポキポキと鳴る理由

手の指を引っ張ったり、折り曲げて押したりすると関節がポキッと鳴

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?
ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

知らない人がいないほどの大音楽家べートーベンだが、耳が聴こえな

no image
5kg痩せるダイエットを短期的に成功するには?

あなたは痩せたいけどなかなかうまくいかないかもしれません。たった5キロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑