雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

うなぎの蒲焼を焼くときに団扇でバタバタあおぐ理由

投稿日:2017年8月13日 更新日:

うなぎの蒲焼を焼くときに団扇でバタバタあおぐ理由

蒲焼を焼くときに団扇でバタバタとあおぐ理由は何でしょうか?うなぎのような脂っこい魚は、炭火で急激に加熱されると、刺激の強いいやな臭いが発生する。さらに、炭火の上に落ちた脂が燃え、その煙がうなぎにつくと味が落ちる。団扇でバタバタあおっているのは、いやな臭いや煙がうなぎにつかないよう振り払っているのである。

だから、うなぎ屋のパフォーマンスといえば、店先で団扇をバタバタあおぐことがあるが、蒲焼の焼けるいい匂いが漂い、思わず店に入ってしまいそうになるこのパフォーマンス、じつは客寄せのためだけにやっているのではないわけなのだ。

団扇をバタバタあおっているうなぎ屋なら

というわけで、団扇をバタバタあおっているうなぎ屋なら、味のほうはかなり期待していいのだ。うなぎの蒲焼を食べたくなったら団扇をバタバタあおっているを探すといいだろう。

うなぎ料理の歴史

日本におけるうなぎの歴史はとても古い、うなぎが古来からどのようにして人々の食生活にいたのか。

うなぎは、古くは約5000年前の縄文遺跡の貝塚からうなぎの骨が出土しており、その他数々の貝塚からもうなぎの骨がが出土しているそう。

うなぎが初めて文献に登場するのは「万葉集」で、「武奈伎(むなぎ)」と呼ばれています。

またうなぎの豊かな栄養については奈良時代の頃から知られているようです。

生簀料理は美味しい?

生簀料理は美味しい?

生賞料理とは、店内に大きな水槽をしつらえ、そこに生きた魚を泳がせておき、客の注文があるたびに、その魚を刺し身などにして出す料理のこと。

なにせ、まな板に乗る直前まで、その魚は生きていたわけだから、これ以上、新鮮な魚はない、というのが売り物である。たいていの日本人は、魚は新鮮であれば新鮮であるほどうまい思っているはず。では、生簀(いけす)料理は、ホントにうまいのかというと、これが一概にはいえないのだ。

魚には、獲れたてを調理するより、締めてからある程度時間がたったもののほうが熟成が進んでうまくなるものが多い。魚なら何でも生や新鮮がいいというものではない。

たしかに一日程度なら、獲れたばかりの魚を生賞に泳がせておく意味はある。胃の中身が消化され、よけいな脂肪分がとれるからだ。しかし、それ以上、生簀に生かされていた魚は、必要以上に脂肪が落ちてしまい、はっきりと味が落ちるのだ。

酢でしめる、太陽に干す、寝かせる。魚をおいしく食べるには、昔からそうしたさまざまな知恵があったことを忘れてはならない。何でもかんでも生が美味しいとは限らないわけだ。

-雑学

執筆者:

関連記事

一般車両が追突する事故がありました

運転免許証の12桁の番号が意味するものとは?

運転免許証の12ケタの数字の意味は何でしょうか、ご存知だろうか。12ケタの数字が何を意味するのか、運転試験場で説明を受けた記憶はないが、運転免許証の有効期限の下に第〜号と12ケタの数字が並んでいるが、 …

一般車両が追突する事故がありました

生コンミキサー車が回転させている理由

コンクリートミキサー車 工事に使う生コンを運ぶトラックをコンクリートミキサー車という。このコンクリートミキサー車は、走行中でも車体のミキサーを回転させている。 生コンミキサー車が、常にミキサー回転させ …

ハエ 手をこする理由やガラスに止まれるわけ

ハエはなぜガラスに止まれるのだろうか。 ハエはガラスになぜガラスに止まれるのか ハエはガラスになぜガラスに止まれるのか、疑問を持ったことがある方も多いかもしれない。 人間の感覚で考えると、何も掴めると …

世界遺産っていったい誰が決めるの?

世界遺産っていったい誰が決めるのかご存知だろうか。私達が住む世界には、人類が地球に残した偉大な文明の証明とも言えるような壮麗な遺跡や、文化的価値の高い建造物、さらには貴重な美しい自然環境が点在している …

トイレットペーパーの歴史

催眠術にかかりやすい人の特徴や種類など

みなさん、催眠術を信じていますか?よくテレビなどで、催眠術をしている場面を見ることがありますが、催眠術にかかっている人は、演技でやっているような気がして、イマイチ怪しいものだったりします。 しかし、催 …