雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

うまい文章の書き方-さぞかし高尚な理論があるのだろうと思うが・・

投稿日:2015年4月14日 更新日:

うまい文章を書くには、さぞかし高尚な理論があるのだろう。そして、どんな高度な文章技術をもっているのだろう。他人とは一味違う、うまい文章を書けるようになりたいとお考えではないでしょうか。うまい文章とは、どんな文章なのかを知らないのに、うまい文章を書きたいと思っている。落とし穴にはまっています。残念ながら、それは見当違いです。新聞記事を読んで、うまい文章だなあと思う人はいません。

興味のあるゴシップ記事を食い入るように読むことはあっても、読み終わって、うまい文章だったと感心することはありません。週刊誌などの雑誌の記も、同様でしょう。じつは、このどこがうまいのか、わからない文章というのが、うまい文章に対する最大のほめことばなのです。理解しやすい=スンナリ頭に入る、ありきたりの文章・わかりやすい=かんたんなことばを使った、わかりやすい文章・読みやすい=うまいのかどうかわからない、スラスラ読める文章。うまい文章とは、この三つに集約することができます。

新聞や雑誌の記事がうまい文章のお手本

こうした新聞や雑誌の記事がうまい文章のお手本です、といわれてもどこがうまい文章なのかわかりませんね。駆け出しの記者の書いた記事は、掲載されるときには原型がなくなっていることも珍しくありません。なんでもない文章を書く訓練としては、自分で書いた文章を他の人に見てもらうのがいちばんです。

新聞や雑誌の記事、それに今ごらんの単行本などの文章は、記者や著者が最初に書いた文章に複数の編集者やデスク、そして校閲や校正など、何人もの人が目を通し修正を重ねています。そして、なんでもないわかりやすい文章になっていくのです。

かんたんなようでむずかしいことですので、自我の強い人は苦労されると思います。わかりにくいところや、読みにくい文章を指摘してもらうのです。最初は指摘されるとムッとして、これでいいんだ!と反論したくなります。我慢しましょう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

btocビジネスなどのSEO施策について

SEOを施すとページ内に含まれる様々なキーワードの組み合わせで、GoogleやYahoo!などの検索結果に上位表示されます。そのため施策前と施策後では、進入キーワードのバリエーションが大きく向上します …

no image

問題点の洗い出し方法-実際の被験者の行為をモニタリング

ウェブサイトには多種多様なユーザーがアクセスしてきますが、どんなユーザーでもウェブサイトにアクセスできることが求められます。優れたサイトでも利用できなければ意味がありません。サイトの分析は、サイトの売 …

no image

SNSは口コミの宝庫-業態に合ったコミュニティーを作成

mixiなどSNSが盛り上がっていることはご存じだと思いますが、そこでネットショップの業態に合ったコミュニティーを作成したり、コミュニテイーのユーザーに足あとを残して誘引し顧客誘導する手法もあります。 …

no image

潜在ユーザーをウェブサイトに連れてきてくれる検索エンジン

検索エンジンは、様々なワードをもとに潜在ユーザーをウェブサイトに連れてきてくれます。直接売上に結び付かなくても、潜在ユーザーを獲得できれば企業にとっては大きな収穫となります。ただ単純に数値化できないだ …

no image

ランディングページ最適化の方法について

・ランディングページの最適化の方法について ユーザーのニーズとランディングページの情報をマッチさせるバナーやリスティング広告をクリックしたユーザーは、何かしらの目的や興味、期待をもってランディングペー …