雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

馬が計算を解いた-賢いハンスの話

投稿日:

馬が計算を解いた。賢いハンスの話だ。最初は飼い主がなにかトリックを使っているのだろうと考えられた。しかし、ハンスの知らない人間が問題を与え、飼い主が姿を隠していても、彼は同じように簡単に、また正確に問題を解いた。世界的な心理学者の中には、たしかにハンスには高次の知能がそなわっていると新聞紙上で言明する者もいた。大勢の科学者たちが、これは馬の知性を証明するものだと考えた。し

かし一九一年に、どちらかというと無名の心理学者だったオスカー・フングストが集めたいくつかのデータによって、風船玉がはじけた。何回か慎重におこなわれた実験の結果、フングストはハンスが実際には紙に書いた数字は見ていないことを証明した。観客がハンスを見ながら無意識に発する、ちょっとした合図に反応し、自分が正しい数字を叩き終わったかどうかたしかめていた。

学問としての心理学の面目を失わせた

ハンスは、じつは彼に与えられた問題を知っている観客を見ていたようだ。馬の目に人間の姿がひとりも映らなかったり、問題を出す人にも答えがわからない場合は、ハンスはただ目茶苦茶に床を叩き続ける。人々がじっと動かず、顔の表情も抑えてわざと反応を隠しても、ハンスは彼らの中からわずかなヒントを見つけるらしく、やはり正確な答えを出すのだった。この一連の成りゆき、とくに著名な科学者たちが一頭の馬に見事にだまされて、動物に特別な知能があると考えたことは、学問としての心理学の面目を失わせた。

馬に暗算ができなかったという事実が、動物には思考力や判断力は一切ないという結論にまで発展した。動物に高次の知能がそなわっていると結論を下せば、いかなる場合もひたすら不面目で屈辱的な事態を導く、という教訓として引き合いに出した。この科学者に対する正当の範囲を超えて拡大解釈され、動物の最低限の意識的思考をも否定する根拠となった。たんなる刺激に対する反射作用。この事件以来、行動主義心理学の推論が機械論的性格を帯びた裏には、第二の賢いハンス、の登場を防ぐという大きな動機があったように思われる、と専門家は語っている。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

人々の知的能力に一貫性が欠ける理由を解き明かす

生物の知能には特殊知能と一般知能とがあるという考え方は、人々の知的能力に一貫性が欠ける理由も解き明かしてくれる。データを集めてみると、結果はふたつの可能性の中間を示した。特定の知的能力を個別に測定する …

no image

犬に対する指示語には多くのものがある

犬に対する、色々な命令語を紹介していきます。 ・外へ(アウト) 部屋ないし犬舎から出る。 ・守れ 私と近くにいる人間のあいだに立ち、おどすように映える。 ・よし 訓練が終了し、命令がすべて終わったこと …

no image

ハムスターを家に迎える際の注意点

・1匹ずつみんな性格が違う どんな種類のドワハムでも、人になれるコもいればなれないコもいるのは当然のこと。ドワハムとひとことでいっても、1匹ずつみんな性格が違います。でも、種類ごとの大まかな傾向はある …

no image

動物好きでかわいいと思っていたペットを失ったときの悲しみより

スタビーの飼い主、十三歳のデラ・ショウが生まれつき脚と口が不自由だったという事実とあいまって、犬の帰還はとりわけ胸を打った。国際通信社は、インディアナとイリノイの州境からコロラド州コロラドスプリングス …

no image

犬が人間に使えた歴史は数えきれないほどある

番犬として立派に人間に仕えた犬の物語は数えきれないほどある。その一例が、一五七二年にネーデルランドが独立を賭けてスペインと戦っていたときの物語である。攻撃は周到に計画され、ジュリアン・ロメロ率いる六〇 …