雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威

投稿日:

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威は一九六七年の戦争までに克服された。北アフリカの危機は、アルジュリア独立と共に終結した。インドネシアの危機は、小作農を大量虐殺して解決された。ニューヨーク・タイムズ紙がこの信じがたい大量虐殺と呼んだ行為は、欧米諸国では喜ばしい出来事として手放しで歓迎された。CIAはこれについて、二〇世紀最大級の大量殺人で、ヒトラー、スターリン、毛沢東による虐殺に匹敵すると述べている。何しろ、そのため大衆を基盤とする貧民のための政党が排除され、欧米の投資家に門戸が大きく開かれたのだ。

アメリカはかつてのイギリスのように、今や世界の大国なのである。アメリカが果たした役割は重要で、時には決定的要因ともなった。中東の場合と同様、非同盟運動のもう一本の柱も打倒された。それと似た過程は中南米でも起こりつつあり、非同盟の最後の主要な砦のインドでも、より制限された形ではあったが、やはり同じような事態が生じていた。

シリアが介入する可能性が出てくると

一九七〇年に、ヨルダンで虐殺されているパレスチナ人を守るためシリアが介入する可能性が出てくると、イスラエルはそれを阻止して再び手柄を立てた。世界の一部地域ばかりに関心を向け、地球規模の計画はワシントンで立案されることを忘れると、しばしば誤解のもとになる。アメリカの情報機関や、中東に関心をもつ有力者へンリー・ジャクソン上院議員のような人物は、イスラエルーイランーサウジアラビアの暗黙の同盟を、この地域でアメリカの支配力を維持するための確固たる基盤と考え、トルコも当然そこに含まれていた。

イスラエルに対するアメリカの援助額は四倍になった。一九七九年にイランでシャーが廃位させられると、イスラエルとトルコの同盟は中東地域の基盤として更に重要になった。この同盟はシャーの代わりに、新たなメンバーを迎えた。サダム・フセインのイラクである。レーガン政権は一九八二年にこの国をテロ国家の公式リストから外し、アメリカがこの暴君に対し意のままに援助できるようにした。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …

no image

植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっている

文明国の使命を明記する上で、現在よく使われる一つの公式は、植民地化の必要性が一九世紀と同程度に高まっており、ボストモダン社会が掲げてきた秩序と自由と正義の原則を世界の他の地域に普及させなければならない …

no image

ソ連の拡張主義が正当化されたように思われた

アメリカがヴェトナムでの内戦に介入するという手痛い過ちを犯したのは、この文脈でであった。ほぼ20年間1955-1973年)にわたって、アメリカはヴェトナムでの共産主義支配を阻止しようとして、5万800 …

no image

フランクリン・ルーズヴェルトは第一次世界大戦の過ちを避けたいと願っていた

戦時下の大半にアメリカの国務長官を務めたコーデル・ハル(CordellHull)は、熱心なウィルソン主義者であり、アメリカ世論も国際連合を強く支持していた。この大構想を推進するために、ローズヴェルトは …

no image

エスニシティは不可避的に戦争につながる不変の事実というわけではない

旧ユーゴスラヴィアは2極構造の世界で独立を維持すべく団結していたが、チトー大統領の死と冷戦の終焉で、政府がエスニック紛争を調停する能力は弱体化した。コンストラクテイヴィスト[構成主義者}によれば、エス …