雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

輸入中古車店選び-昔と違い良心的な店が増えている

投稿日:2014年11月4日 更新日:

全国津々浦々にディーラーネットワークが張りめぐらされた国産車と違い、輸入車のメンテナンスができるところはそうは多くない。輸入車に限らず、中古車購入に当たっては、店選びはことによるとクルマ選び以上に大切なことだ。クルマというのは機械であり、買ってからもメンテナンスやトラブル時の対応など、店と付き合う必要がなにかと多いからだ。

あなたが抱いている疑問や不安を、そのままどんどんスタッフにぶつけ、その答えで判断すればいいのだ。買った店を窓口にしないと、車検ひとつ通せないということもあるだろう。でも、いい店かどうかなんて、どうやって見分けるんだ?という人もいるかもしれない。難しいことではない。

壊れるんじゃないの?金がかかるんじゃないの?といったところが代表的な不安だろうが、それをそのまま聞いてみればいい。店によって答えは違うはずだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ブローカーと呼ばれる存在

バブルの頃は、誰もが浮かれた気分で輸入車を欲しがり、それこそクルマがあれば右から左だったから、在庫を一台も持たないブローカーと呼ばれる人が跋扈し、一夜にして値段が倍になるクルマさえあった。もちろん、そんな商売をする業者には、よからぬ輩も多かった。輸入車業界は、バブルの頃にはずいぶん荒稼ぎをした。

もともと輸入車は乗るほうも売るほうも胡散臭い人が少なからずいたこともあって、あたかも業界全体が悪徳業者のように見られたことさえあった。残念なことに、今でも当時の体質を色濃く残した、やらずぼったくり的な店も少なからずある。中古輸入車購入を考えている人の中には、そんな業者にひっかかるのが怖くて二の足を踏んでいる人も多いようだ。今でもそのイメージは人々に残っているから、まっとうに商売をしている業者には、さぞかし迷惑な話だろう。

最近では、輸入車の流通量が増え、価格も適正に下がってきたことも手伝って、国産車専門から輸入車も扱うようになった店も増えているし、昔から良心的に輸入車商売をしている店も数多い。その怖さは分かるが、いつまでも考えているだけでは前には進めない。とにかく店を回り、クルマとともに店を比べてみることで、良い店、悪い店も見分けがつくようになるはずだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ベロスターSRターボをオーストラリアで発表

現代自動車がベロスター高性能モデル「ベロスターSRターボ」をオーストラリアで発表しました。 韓国国内に最初に登場したベロスターターボは、既存のベロスターが持つクーペのハッチバックの空間活用性、新たに高 …

no image

トヨタパッソの評価-価格とのバランスが良い使える一台

トヨタパッソは、低価格で生活道具に徹した超お買い得実用車。1000ccのコンパクトカーだから、走行性能は期待できないが、居住性に不満はない。視界に優れ、取りまわし性は良好で、生活のツールとして大変使い …

no image

据え切り問題はパワステが装着され解消された

今日では自動車メーカーが開発の段階で据え切りをしても、摩耗してガタがでることがないように油圧装置を使って何万回もの「据え切り耐久試験」を実施し、耐久性を向上させてありますが、昔は、取扱説明書に「ハンド …

no image

日産シルビア-ドライビングテクニックを学べるFR車

ドライビングテクニックを学ぶためのもっとも安いFR車というのがシルビアの魅力だ。そして、安くてカンタンに探せるFRといえば、シルビアがベストな選択だ。スポーツカーを楽しみたいなら、駆動輪はFR。後輪駆 …

no image

車外音の漏れなどの評価

車外音の評価をするときは暖気音の音源であるアイドリング時のエンジン・メカ音、吸気音、排気音をチェックし、それらの音がアクセル全開加速ではどうなるか聞いてみたり、自宅に帰ってきたときを想定してのファン音 …