雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古車は必ず試乗させてもらわないといけない大きな理由

投稿日:2014年11月2日 更新日:

中古車店は、ほかにもうんとたくさんある。試乗したいと言って、店にできないとつつばねられましたなんて時は、購入前の試乗をさせないときは理由を聞こう。バッテリーを積んでないなら、ほかのクルマで始動させる。事故が怖いは、運転は店員に、自分は助手席に。車検がないからと言うのなら、店内スペースを2~3m動かすだけでも、と迫ろう。中古車を判断するのに試乗は欠かせない。

しつこく迫ってみても、規則だからと逃げるショップもある。壊れて動かないと言うのなら、そんなクルマは買わないように。それは、とりもなおさずヤマシイことがあるという意味。試乗なんてしたらボロが出るから動かさないのだ。そんな店は、さっさと見切りをつけて他店へ。

アクセルを踏んでいるのに加速が妙に緩いのはクラッチの問題。車体が揺れるほど大きいのは避けるべき。MT車だったらクラッチがすべってないかチェック。ギアが入りづらいのは、ミッションがボロボロという意味。壊れたら高い。ATだったら、変速ショックの大きさに注意。ミッションは大丈夫か。

車の買取査定を上げる色々なポイント

エンジンからのカタカタという音

エンジンからのカタカタという音や、車体の下からのゴツゴツという音など、聞き慣れない音はすべてトラブルの前兆。エンジン音や段差を越えるときの音、変速の音などに耳を傾けよう。試乗中はカーステ厳禁。小さい音だからと聞き逃すと痛い目にあう。よくわからない人は、わかるまでいろんなクルマを試乗しよう。

車幅はわかりやすいのか、運転は楽なのかなど。どんな性格のクルマなのかを体感。車体のゆがみをチェック。時速30キロくらいで、ハンドルから手を放してブレーキ。真っすぐ止まる?どっちかに曲がるようでは、車体がゆがんでいるということ。これは直らないから、買っちゃダメ。

段差に乗り上げたとき、身体に伝わる衝撃に気を配ろう。ガタンと固い衝撃がくるなら、ショックアプソーバーの寿命が尽きてるかも。しっかり直してもらおう。買ったあとで、このクルマは嫌いとならないように。不具合を見つけたら、がまんできる範囲なのか、ヤバそうなのかを考えて、あとは店との交渉だ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

FF車の開発と暗中模索

スバルFFー1スポーツ(一九六八(昭和四三年発売)を開発するときにリヤ・サス(トレーリング・アーム式)の横剛性を上げてみた。実際はバン用のサスに変えてみたところ、安定性が格段に向上しびっくりしたもので …

no image

自分のクルマを自分で選べない今の日本人

自分のクルマは自分の責任で買うのは当たり前だと思うのですが、なぜできないのでしょうか。クルマに限りませんが、それは日本人の生活用具に関する勉強不足に原因があると思います。日本人は昔とは違います。幼児の …

no image

レガシィツーリングワゴン-4WDの技術が注目された人気車

・レガシィツーリングワゴン それまで日本には商用のバンはありましたが、本格的なワゴンはありませんでしたが、レガシィツーリングワゴンは日本にワゴンのジャンルを開拓したクルマです。こんな状況下でスバルのレ …

no image

日本の自動車産業の今後

日本が経済面で先進諸国の仲間入りを果たしたのも、莫大な軍事費を費やす必要がなかったことと、自動車産業を柱に、工業が急激な発展を遂げたためです。なかでも自動車業界は現在に至るまで、巨大な外貨と税収を日本 …

no image

車は制動中も常に進行方向を向いていなければいけない

自動車レースでは、ブレーキはあたかもハンドルと同じように車の方向を制御するために使われますが、ふつう道路を行中にブレーキを踏んだらハンドルを切ってもいないのに車がスピン(旋転)して横を向いた、というこ …