雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古車は信頼のある表示がされた店をえらぼう

投稿日:2014年10月31日 更新日:

加盟店であれば、看板や店内にステッカーなどが張られているので、表示をしっかり確認すること。大切なのが、信頼のおける中古車店を選ぶこと。欲しい車や予算などが決まったら、最終的には中古車店でじっさいに見て、乗って、チェックすることになる。

中古車である以上、悪質な店にひっかかると、事故車を無事故車として売っているなんてこともありうるし、事実がわかっても対処の仕方がわからずに泣き寝入り、なんてことにもなりかねない。目安は、自動車公正取引協議会(公取協)、日本中古車販売協会連合会(中販連)に加盟していること。加盟店であれば、トラブルが発生しても、この団体が仲介や相談に応じてくれるのだ。

レンタルはおトク

自治体によっては、公共事業としてレンタルを実施しているところもあったりするから、あわてて購入する前に調べてみて検討されたい。市場にはデザイン、機能もさまざまに、チャイルドシートがあふれている。

次の子が生まれればまた使えるとはいえ、その間の収納や保管を考えると、なにも買という結論が見えてくる。よく考えてみると、このシートを使うのはほんの数年間のこと。そのために、期間を定めたリースを行なうレンタル業者があるので、こちらがおすすめかもしれない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

通販での購入

インターネットは大人気で、雑誌、さらにインターネット等を測御として購入する人が増えてきた。中古車の購入は、かっては中古車店にいって現物を見て買うのがふつうだった。

とくに、希少価値のある車を探す場合の情報源としてはじつにありがたい。自宅にいたまま手広く情報が集められるし、希望の車も手軽に探せる。でも、その利便性に頼って、通信販売で中古車を買ってしまうのはちょっと危険。

購入後に車に不具合が生じた場合も、納得できるアフターサービスが受けられないこともあり、最悪の場合、トラブルに発展する恐れもある。現物を見ることができないので、受けた情報を信用するしかなく、じっさいは品質がよくない場合もあるし、販売店の信頼性も、量ることが困難だ。
こうした事情を考えると、たとえ通信販売で探した場合でも、最終的には自分の目で確認にいくようにしたい。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

エンジンの暖気運転の際の騒音など

まわりが静かであると、気になってくる音があります。それは静かな住宅地で夏季にエアコンを作動させながら帰宅したときの冷却ファンによるブーンという風切り音や、排気音、冬季におけるエンジン暖気運転中の音等で …

no image

車の納車時に注意したりチェックしておきたい項目

保証付きの場合、自動車公正取引協議会の決まりでは、店はクルマを整備して納車するときに保証書を渡すことになっている。現在のところ、売られる中古車のほとんどに保証が付いている。安心して運転できるように保証 …

no image

日本人は単一民族で暮らしていると勘違いしている人が多い

物価も生活環境も異なるため単純に比較することはできないものの、GDPを比較すると、世界第3位の日本は欧州よりも懐具合のいい国民が多い計算になります。ところが、日本人の多くが豊かさを実感できていません。 …

no image

モデルチェンジは国産車と輸入車では周期が違う

輸入車、とくにヨーロッパ車のモデルチェンジ周期は長い。しかも、これらはデビューから最終モデルまで、コンスタントな販売台数を保ちつづけるのだ。大衆車クラスでも6年前後、メルセデスベンツなど、10年も同一 …

no image

中古車の価格の色々-大衆車か高級車か

たとえば、150万円の予算で買える新車は何だ?三菱はミラージュ、ランサー。マツダはファミリア。日産はパルサー、サニー。ホンダはシビック。セダンなら、トヨタのカローラ、ターセル、コルサ。みんな1300~ …