雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古車は細かい整備注文で元を取るとよい

投稿日:2014年11月1日 更新日:

細かい注文を次から次へと出すのはずうずうしいと感じるかもしれないが、中古車の場合、整備代という名目で多額の金額が徴収されていれば、なにも遠慮する必要はない。中古車の場合、タイヤ交換は自腹というのが基本だから。他の消耗品には、無料で交換してもらえるように要求してもいいものが数々ある。

エンジンオイルはエレメントも交換してもらい、ブレーキオイルもエア抜きまでしてもらおう。また、オイル交換を頼むとエンジンオイルしか交換してくれないので、エンジン、ミッション、ブレーキ、デフの各オイルを交換してもらいたいとはっきりということ。

バッテリーが弱っている可能性も高いので、バッテリーも新品にし、エアコンのガスも注入してもらうといい。

大幅な値引き

中古車は、もちろん、値引き交渉をしてみたほうがいいが、引いてくれたらラッキーというぐらいに思っておいたほうが無難だ。業界はかなり厳しい価格競争にさらされているのだ。そんなところへ、新車を買うのとおなじ気持ちでいってもムダである。すでに店頭価格をギリギりまで下げて、なんとかしてすこしでも客を引こうとしているのだ。

中古車販売店の場合はせいぜぃ2万~3万、どんなに食らいついても5万~6万円も引いてくれれば上出来だろう。なかには、無茶な値引きを要求する客もいるそうだが、そんなに引けるくらいなら、はじめから店頭価格を下げているはず。

いつまでもゴネているお客の相手をするヒマがあるなら、よりたくさんのお客にたくさんの車を売りたい、というのが営業マンのホンネだろう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

相華が下がる時期

中古車業界で比較的ヒマなのは12月。購入時期に余裕があるなら、相場も安くなるこの時期に買ったほうがおトク。反対に、中古車がよく売れるのは、新車のようにボーナス時期ではなく、1~3月だ。

生活環境が大きく変わる時期でもあるので、逆に車を売る人も多いが、供給よりも需要のほうがはるかに高くなるシーズンというわけだ。理由は、子供が学校を卒業して免許を取つたとか、通勤に必要とか、車がないと生活できないところに転勤したなど。少しでも安く買ってよいサービスを受けたい人は、こういうかき入れ時は避けたほうがいいだろう。

欲しい人が増えると品薄になってオークション相場もアップする。となると市場価格もおなじように上がってしまう。また、営業マンにしてもー日に数台売ることなど珍しくなく、忙しすぎてついついアフターフォローがおろそかになることだってありうる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ローバーミニの中古車はタマ数も多く見つかりやすい

1リッター、4気筒のエンジンを横置きにし、トランスミッションとデフを積み重ねることでスペースを稼ぐ、というアイデアで、最小の外寸に最大の居住空間を実現した設計者、アレック・イシゴニスは天才と呼ばれ、サ …

no image

メタノール車-エネルギー源はバラエティがあっていいはず

PECでは、メタノール車の技術開発、実証試験などを行なっている。日本では、通産省から委託を受けた石油産業活性化センター(PEC)と、運輸省の運輸低公害車普及機構が、メタノール車を推進している。メタノー …

no image

ホンダMDXの評価-全長の4790mm、全幅は1955mmに達する

ホンダのMDXは、どう見ても北米専用モデル。全長の4790mmも長いが、全幅は1955mmに達する。ランドクルーザーの100シリーズの1940mmを上まわる寸法だ。 MDXは北米市場に向けて開発された …

no image

BMW正規ディーラーのような販売店は費用が高い

快適さという点にかけては、正規ディーラーの右に出る者はない。 専門教育を受けたメカニックもいるし、電子制御化が進んだ最新車をメンテナンスする専門計測機器も揃っている。乗り続ける上でも、店の選び方、つき …

no image

道路の整備は都市生活者のエゴではありません

道路の整備は都市生活者のエゴではありません。問題になるのが財源です。まして膨大な債務を抱えた道路公団です。魔法の杖でもなければ解決できそうにありません。これまでと同じく、通行料金の値上げを繰り返しなが …