雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

滅多に出ない中古車の掘り出し物を見つけ出す方法

投稿日:2014年11月2日 更新日:

中古車市場に存在するのは、程度がよくて高いクルマか、程度が悪くて安いクルマの2種類が基本。なかなか掘り出しものに出会えないけど、見つける方法はある。これに、程度は悪い&価格も高い、という頭にくるものが混じってると考えるのが正しい。

めったに出ないからこそ、掘り出しものと呼ぶ。つまり、ほとんどの人は掘り出しものを見つけ出すことができない。この原則から外れて、人気が高い&程度がよい&安いというイレギュラーなのが、掘り出しものだ。

某販売店社長さんも、ー年にー台あるかないかだとのこと。また中古車雑誌を作っているスタッフも正直なところ、掘り出しものは存在しないと考えている。それでも、掘り出しものをゲットしたいというアナタ。ここでその方法を伝授しよう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

必要なものは時間

いばりくさった一見の客に、そんな価値あるものを売るはずがないではないか。まず必要なものは時間。チャッと行ってパッと見つかるくらいなら誰も苦労はしない。理想が高ければ高いほど時間はかかると考えよう。見つかるまで何ヵ月も探し続ける忍耐力が必要だ。

次に、自分の人間性をみがくこと。そんな価値あるものを嫌いな人間に売るわきゃない。掘り出しものは中古車店側も十分に認識している。ふつうは掘り出しものが出ても店頭に並べたりせず、親しい友人やなじみの客に回すもの。売っても利益があんまりないというのも、客を選ぶことに拍車をかけている。つまり人間関係を上手に行なえる人ほど、掘り出しものに出会えるチャンスが生まれるわけだ。

また、とにかくマメであること。個人売買かもしれない。時期もバラバラ。そして売り出されれば、すぐに完売!掘り出しものは大型店にあることもあれば、小規模な専門店にあることもある。
これをキャッチするには、中古車雑誌やインターネットを丹念にチェック。これはと思うものがあれば、すぐに電話で確認。

また、中古車店に2週間おきに足を運ぶくらいの根性も必要だ。在庫されていれば、可能な限り急いで見に行く。はっきり言ってものすごく大変。だけど、ゲットしたあかつきには、アナタの手元に残るのはクルマだけじゃない。

さんざん苦労して、掘り出しものが見つからないという結果になっても、その時点でアナタはクルマの価値を見定める眼力がっいているはず。なにものにも代えがたいショップとの信頼関係が手に入る。まずまずのものは手に入れることができるはず。チャレンジする価値はあると思う。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ベンツMクラス新型の発表

メルセデス-ベンツのプレミアムSUV(Sports Utility Vehicle)「ニューMクラス」が発売された。Mクラスは、初めて誕生し、これまでに世界市場の両方で120万台以上が売れたプレミアム …

no image

女性のクルマ選びで注意したいこと

ローン完済を考えれば、30代半ばでそろそろ実行に移さなければなりません。結婚して子どもができて、都市生活者にとって次の目標といえば、夢のマイホーム。ここでひとつ問題が起こります。さて、やっと手に入れた …

no image

自動車のブレーキテストでの評価

ブレーキの評価は、踏力と効き、耐フェード性、車の方向性の三つがポイントです。ブレーキの評価は追突事故を絶対におこさないように、後方の車には十分注意して行う必要があります。フェード・テストにしても、加速 …

no image

ディーゼル車排ガス規制規制対象だった時の対処法

たとえば、古い型のジープなどで、どうしても欲しいと思う車があったら、排気ガスの浄化レベルを上げる触媒を購入して取り付ければいい。それによって、NOx規制法をクリアすることができる。1996年4月から東 …

no image

AMGがザ·ニューSLSロードスターを発売

AMGメルセデスベンツは、スーパースポーツカー「ザ·ニューSLSロードスター(The new SLS AMG Roadster)」を発売した。ザ·ニュー·SLSロードスターは昨年フランクフルトモーター …