雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古車販売店でおすすめしたい店は愛があるお店

投稿日:2014年11月4日 更新日:

クルマになんか興味はないが、中古車店は儲かるからしている、という店主だって中にはいるが、国産車にくらべて面倒の多い輸入車を扱うのは、その仕事に誇りを持ち、作業そのものを愛する、職人気質のメカニックということがほとんどなのだ。どちらの店で買うのが後々気持ちいいかは、考えるまでもないはずだ。

どんな店ならアフターがいいのか。それを図るのが店の情報力とクルマへの愛だ。クルマが大好きなそういった店の店主は、商品とはいっても、それが完全な状態でないことが許せない、という人が多いものだ。クルマへの愛、とはいかにも抽象的だが、簡単に言えば、好きなクルマを商売にした店、と思えばいい。そういう店で買えば、ちょっとした不調や異音にも、店主はオーナー同様に一生懸命対応し、気持ちよく直してもらえることだろう。

なぜなら精密機械であるクルマは、故障も千差万別で、それを直す作業は必ずしも効率的とは言えないからだ。さんざん時間をかけて故障箇所を探した結果、数百円の部品交換で直ってしまうこともある。クルマは、売ると儲かるものだが、整備、修理ではなかなか儲からない。そんな作業をいとわないのは、クルマを愛する心あってのことなのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

車種ごとのメンテナンスやトラブルの傾向を知る力

情報力とはこの車種はこんなところが傷みやすく、点検が必要とか、こういう症状はここのトラブルが原因といった具合に、車種ごとのメンテナンスやトラブルの傾向や事例を知る力だ。そうでなければ、正規ディーラーや同業他社とのバイプが太く、常にそうした情報が入ってくる店が望ましい。

車種によってそれ専門の工場に外注している、という店も悪くない。ある車種を長く取り扱っていると、自社内での経験も積まれるから、いわゆる専門店はこの点で優れていることが多い。

そういう意味では、メカニック出身の店主の店にも、いい店は多い。そもそもメカニックには、クルマが好きでなった人が多い。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

過去の自動車業界の動向-世界中に駆け巡ったニュース

発端は、ダイムラーべンツとアメリカのクライスラーの合併であった。そのニュースに続いて、今度はVWとBMWが、イギリスの名門、ロールス・ロイスの買収をめぐって争うというこュースがかけめぐった。当時大変に …

no image

エアトレックの評価-GT-Aのメカニズムを移植したパイパワー車

エアトレックは三菱の名車。ランエボが母体なだけに、走りがいい。基本部分はランサー系と同じタイプだ。注目される点はハイパワーなターボRの設定。ランサーエボリューションⅦに設定されていたAT仕様、GT-A …

no image

新車モデルチェンジは輸入車は10年後ということも多い

国産車は4年でモデルチェンジを行うが、そろそろ国産車でも、旧型になっても堂々と胸をはって長く乗れる、主張を持ったクルマが出てきてもいい頃だと思うのだけれど。マツダなどは、もしかするとそんな会社になりそ …

no image

車の適正な納車のため専属工場の有無を確認する

専属工場を持っているかどうかをたずねてみて、ないといわれたらその店は避けたほうが無難だ。販売店を選ぶ際に知っておいたほうがいいのは、その販売店が専属工場を持っているかどうかということ。 納車予定日にな …

no image

ランボルギーニ初の後輪駆動コンバーチブルが発売

最高速度319km / hを誇るランボルギーニ初の後輪駆動コンバーチブルが発売された。ランボルギーニ公式輸入会社ランボルギーニソウルは19日、ソウル論峴洞クラブオクタゴンで「ガヤルドLP550-2スパ …