雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古車販売店の選び方やお客の心構え

投稿日:2014年11月4日 更新日:

食品なら、一度買って品物が悪かったら二度とその店に足を運ばなければそれで済むが、クルマではそうはいかない。中古車購入は食品購入に似ているという意見があるが、食品とクルマとの決定的な違いは、買ってからもその店と付き合う必要があることにある。

また、たとえ品質が良くても、やれ点検だ、それ車検だと、買ってからのメンテナンスが必要なのがクルマという商品なのだ。中古車購入はあくまでも消費者の責任とはいえ、数十万、ときには数百万も支払うのだし、万一、品質が悪い、つまり故障が多いようなら、商道徳としてある程度のフォローはしてもらわねばたまらない。そんな時、気持ちよく足を運べる店かどうか、は大きな問題だ。

中古車には定価がないから、同年式の同車種でも、店によって価格が違う。それも、単純に店頭でキレイなクルマが高いか、というとそれさえ違う。残念ながら世の中には、商品へのクレームを中古車なんだから仕方ないだろうと突き放す店も多数あることも事実なのだ。もっとも、店とのいい関係を持つためには、客のほうにもある程度守らねばならないルールがある。自分が買ったのが中古車である、という自覚だ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

その店と長く付き合っていく必要が顧客にもある

その自覚をあらかじめ持って、その店と長く付き合っていく必要が顧客にもあるわけだ。ある店の店主がいみじくも言った言葉がある。それはこれは、と見込んで仕入れた商品にも、正直言ってハズレはある。そのハズレを買ってしまったお客さんに、あの店で買って、それでもダメだったんだから仕方ないと言ってもらえる店が理想だ。もちろん、こんなことを言える店は極上の店である。

ここまでいかなくとも、自分の店で売った商品に誇りを持ち、たとえハズレを売ってしまっても、可能な限り誠意を尽くす店を選ぶことが重要なのはわかるだろう。お店選びは一朝一夕にはいかない面が多いが、いいお店を見つけるためには、こちらも少々努力が必要となるだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ワンボックスカーを家族のために買う必要はあるのか?

これがファミリードライブか?これが家族の空間か?運転席と助手席に仲よく並んで座って楽しげなお父さんとお母さん。その後ろでチャイルドシートに縛り付けられて泣き叫ぶ小さな子ども。 そこで必要になるのが、子 …

no image

モデルチェンジは国産車と輸入車では周期が違う

輸入車、とくにヨーロッパ車のモデルチェンジ周期は長い。しかも、これらはデビューから最終モデルまで、コンスタントな販売台数を保ちつづけるのだ。大衆車クラスでも6年前後、メルセデスベンツなど、10年も同一 …

no image

タイヤホイールに関する基礎知識をよく覚えておこう

タイヤは、できればスリップサインが出る前に交換したい。ヤマがなくなるまで使うのは論外。たかがタイヤとバカにするなかれ。すり減ったタイヤで雨の高速道路を走っていたら、急にスピンを起こしてガードレールにぶ …

no image

洗車方法の基本は汚れたら早めにするである

洗車の基本は、汚れたら早めにするである。たとえば雨の日なんか、ついたドロは駐車場でさっとふいとくだけで、あとがずいぶんラクだ。時間をかけて洗車したのに、なかなかきれいにならない。お隣のクルマはいつもピ …

no image

旋回中心は後車軸の延長線と転蛇された前輪から直角に引かれた線との交点

旋回中心は、後車軸の延長線と転蛇された前輪から直角に引かれた線との交点にあります。ハンドルはそこに固定したままアクセルを踏み込んで速度を上げたときに、車に対して旋回中心位置が以前とどう変わるかを調べる …