雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

長距離ハイキングで子供に与える食事は何がいい?

投稿日:

ある調査によると、車で長期旅行をするような状況で食べたいと切望するものは、体がそれを求めているからだという。文明社会から長期間離れていると、ちゃんとした食事が恋しくてたまらなくなる。新鮮で、本当においしいもの。子ども達もそれは同感らしい。夜間も飲料水は手の届くところに常備する。子どもには、ストローつきカップをそれぞれの枕元に置いておく。長期間の予定ででかけるなら、高脂質高カロリーの食品を持っていくこともお薦めだ。

体のカロリー消費量に応えるため、子ども達も喜んで食べるだろう。子達を見ていると、それは脂質であったらしく、フライドポテトやホットドッグ、チーズクラッカー等をしょっちゅう懐かしがる。低/無脂肪食品を多用していたせいだろう。子どもは体調維持だけでなく、成長のためにもエネルギーが必要なのだ。塩分ももっと取り入れてよかいかもしれない。まだ幼い子ども達に必要なカルシウム補給ができるかが心配だ。

自家製シカ肉のジャーキーは人気の行動食

自家製シカ肉のジャーキーは、人気の行動食だ。換き肉ジャーキーは子どもにもかみやすいのがいい。しかも自家製だと、成長期の体に有害な添加物も入らない。キャリアの中の子どもにあげれば、お腹がすいたと騒ぐこともなくて大助かりだ。アップルパターやピーナツバターでグラノラバーを作ることもできる。でき上がりはずいぶん固いので長距離ハイクの間中子どもの気を紛らせてくれる。

また、おむつトイレ・トレーニングがすむまでは、アウトドアに連れていくのはちょっと、という人は多い。土砂降りであろうが、強い風がバンバン吹きつけていようが、おむつの汚れは待ってくれない。おむつを換えるといっても、ちょうどよい交換台はないし、天井から赤ちゃんをあやしてくれる回転オルゴールもなければ、気持ちよいお湯もない。ここが子連れアウトドアのちょっと難しいところかも。でもくじけないでほしい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山では各ピッチで休む場所もまず安全を確認しましょう

登山では、少し余力を残しておくことです。予定地に着いた時に息がゼーゼーしてバテていてはどうしようもありません。最後のピッチは少し落としましょう。必ず五〇分でなく、安全な場所がなかったら多少時間が伸びて …

no image

とあるハイカー・クライマーの集いでのパネルディスカッション

子どもを作ることを真剣に考え始めたころ、とあるハイカーの集いでパネルディスカッションがもたれ、私達もスピーカーとして出席した、というある登山家。順番がまわってきて話し始めたとたん、感情が涙とともに張を …

no image

山岳保険の種類はたくさんある

一口に山岳保険といっても種類はたくさんあります。保険金は死亡・後遺障害、入院、通院、遭難捜索費用、救援者費用などに支払われます。山登りする人を対象にした保険を山岳保険といい、多くの保険会社で取り扱って …

no image

登山のパーティでのリーダーの役割

パーティーには、リーダーが必要ですが、一般的に15人を超えるパーティーでは、チーフリーダーとサブリーダーが必要です。30人を超えたら、パーティーは一つに分けた方が安心です。気心知れた仲良し4人組もあれ …

no image

ピクニックの時の子供のおやつ

キャンプのときには、子どもには、おやつは食べたいときに食べさせてあげよう。退屈とか口が寂しいとか、理由はなんであっても、かんしゃくを起こされるよりはいい。朝食やおやつは簡単に取り出せるようにしておこう …