雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ホームページ作成

著作権は知的財産権の一部です

投稿日:

自分の好きなロックバンドの音楽CDを買ってきました。このCDから曲を録音し、WebページのBGMにしたいのですが、これはいけないことですか?

著作権は、「知的財産権」の一部です。知的財産権とは、人間の知的な創作活動から生み出されたものに対する権利の総称で、「知的所有権」とも呼ばれます。知的財産権は、「著作権」と「工業所有権」に大別されます。

購入した音楽CDから曲を録音し、個人で鑑賞する分には、著作権の侵害にはあたりませんが、録音した曲をWebページ上で公開するのは著作権の侵害になります。

語論文、小説、脚本、詩歌、俳句、講演など・音楽楽曲および歌詞・舞踊日本舞踊、バレエ、ダンスなどの舞踊など・美術絵画、版画、彫刻、まんが、書、舞台装置など・建築芸術的な建造物・地図や図形地図と学術的な図面、図表、模型、設計図など・映画や画像劇場用映画、テレビ映画、ビデオソフト、写真、グラビアなど・プログラムコンピュータのソフトウェア。著作権は学術的または芸術的な創作物に与えられる権利のことです。著作権の対象となる著作物には、上記のものがあります。

著作権が自動的に発生します

特許権や実用新案権、意匠権、商標権などの工業所有権の場合は、特許庁に出願し登録することにより、はじめて権利が生じますが、著作権の場合は、特別な届け出は必要ありません。著作物を創作した時点で、著作権が自動的に発生します。

具体的には、以下のような例があります。新聞や雑誌、書籍などの記事や写真を無断で掲載する。テレビやビデオから取り込んだ内容を無断で掲載する。アニメのキャラクターをまねて描いた絵を無断で掲載する。他人が作成したソフトウエアを無断で掲載する。音楽CDから録音した曲を無断で掲載する。歌詞を無断で掲載する。他人のWebページや電子掲示板に載っている文章や写真などを、無断で自分のWebページに掲載する。他人の電子メールを無断で掲載する。

著作権は、その著作物を創作した人が有します。著作権をもっている人を「著作権者」と呼びます。基本的には、著作権者に無断で著作物をWebページに掲載すると、著作権侵害になります。

-ホームページ作成

執筆者:

関連記事

no image

スタイルシートで文字サイズを指定すべきかどうか

スタイルシートで文字サイズを指定してしまうと、ブラウザ側では「最大」や「大」に変えることはできなくなりますから、高齢者や目が悪い人にとっては大変読みにくいページになってしまいます。サイトの内容やターゲ …

no image

スタイルシートファイルを利用する

スタイルシートでは、文字サイズを「ポイント」「ピクセル」といった単位で指定できます。スタイルシートで指定した文字サイズは、ブラウザ側では変更できないので、ページのレイアウトが崩れるようなことはありませ …

no image

アニメーションGIFが動かないなどの問題

新着情報の欄は、ページの中ですぐに目に付くようにします。一番簡単なのは、画像ファイルのアイコンを使う方法です。What’snew最新情報といった文字をデザイン化してGIFなどの画像ファイル …

no image

ブツ撮り・人物取材・紀行などのカメラマンの3つのタイプ

・カメラマンの3つのタイプ、ブツ撮り・人物取材・紀行 それぞれ専門化していますが、ジャンルを超えた撮影ができないわけではなく、例えば旅行カメラマンに、旅先でブツ撮りを依頼することもよく行われます。ブツ …

no image

webサイトのページ構成などで注意したいポイント

・ダミーの文字数は正確に ダミーとはいえ、そのボリュームを頼りにデザイナーは余白感を設計するので、公開を想定した正確な文字数をダミーとして用意する必要があります。デザインの制作は、テキストの書き起こし …