雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

ちょんまげヘアスタイルは何故流行したのか?

投稿日:2017年8月13日 更新日:

ちょんまげヘアスタイルは何故流行したのか?

ちょんまげヘアスタイルは何故流行?

時代劇を見ていて奇妙に思うのは、武士のあの髪型。ちょんまげヘアスタイルは何故流行したのかご存知だろうか。

ちょんまげもさることながら、月代といわれる、青々とそってある部分は本当に異様だ。いったいなせあんな珍妙な髪型か流行ったのだろうか。

武士といえば

武士といえば

武士といえば、元来は戦闘集団である。いざ、戦さが起これば、鎧兜に身を固めて出陣しなければならない。

しかし、兜は重いうえ風通しが悪くて頭がむれてくる。それを防ぐために頭部をそったのだという説と、激しい戦闘でも兜が動かないようにすわりを良くするために月代にしたという説がちょんまげにはある。

兜はかなりの重さがあり

兜はかなりの重さがあり、しかも鎧などの全体の重さは、合わせて30キロはあったそうなので、そんな重たい鎧を着たまま激しい動きをすれば、たちまち汗をかき、髪は大変なことになっていただろう。

この月代は、始めは武士だけのへアスタイルだったが、町人の目には格好よく映ったのか、次第に町人の間にも広がっていった。

現代でも、タレントなどの髪型がちょっと気に入ったりすると、たちまち若者が真似をするというパターンがくり返されているが、時代は変わっても、日本人の心理はあまり変わってはいないのだろうと思う。

ちょんまげの変化

ちょんまげの変化

時代劇ではお馴染みのちょんまげ。漢字では丁髷と書きます。映画やテレビドラマ、日本の文化紹介なんかで良く登場するので違和感が少なくなっているかもしれません。

外国人が衝撃を受けた日本人の髪型「ちょんまげ」ですが、戦の心配が無くなった江戸では、髷の太さや角度などに変化を出し個性を表現していきました。

戦が多かったために

「戦」が多かったために、そのうち「全員」がその髪型に統一しだし、ちょんまげをする人が増えたようです。

漢字で書く「丁髷」の丁は当て字。他にも「ちょん」が小さい、少ないなどの意味で、髷が小さいことを「ちょんまげ」と言ったとする説もあるそうです。

-雑学

執筆者:

関連記事

ココアの持つ意外な健康効果とは?

野菜ジュースを自動販売機であまり見かけない理由

野菜ジュースを自動販売機であまり見かけない理由をご存知だろうか。最近は健康ブームのやミネラルウォーターが買える自動販売機も増えているが、お茶やジュース、スポーツドリンクなどと比べて。一番体に良さそうな …

コンセントの穴の大きさの違いって何?

コンセントの穴の大きさの違い 電気釜や電気アイロンなどを使う時、プラグを差し込む器具をコンセントといっている。 このコンセントには、長方形の穴が二つ空いているのはご存じの通りだが、この穴をよく見ると左 …

プレバトというテレビ番組で

超音波を出す動物-マーモセットというサルの能力

超音波を出すサルがいるという。マーモセットというサルである。 キヌザルとかポケットモンキーとも呼ばれている。中米から南米にかけてすむ小型のサルである。尾の長さも含めて大型のものもいるが、普通は20セン …

モダン焼きのルーツ

一本締めと三本締めはどっちが正式なの?

一本締めと三本締めはどっちが正式なのだろうか?三社祭では本社神輿の宮出しの前に一本締め、宮入りの最後に三本締めを行う。一本締めにせよ三本締めにせよ、シャンシャンシャンのスタイルが定着したのは、東京・浅 …

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

ひまわりは太陽につれて本当に回るの?

炎天下に咲きほこるひまわり 炎天下に咲きほこるひまわりには、太陽を連想させる明るさ、強烈さがある。夏の花の代表格というイメージのひまわり。 ひまわりは、わが国では日輪草・日車、中国では向日葵、英語のサ …