雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

直接統治ではなく間接統治をしていたイギリス

投稿日:

ウィンストン・チャーチルのような一部の人間は、アラブ人(主にクルド人とアフガン人)を服従させるため、毒ガスを使用する考えに現を抜かしていた。帝国側の政策担当者にとって都合のいいことに、この頃民間人を支配するのに空軍力が活用できるようになっていた。現地の民は従順に服従したわけではない。現地の管理は、外務省の専門用語を借りれば、言いなりの弱い支配者であるアラブ・ファサード(正面)に任され、一方、イギリスがこれら事実上の植民地を吸収している事実は、組織的な虚構で覆い隠された。

イギリスはかつての栄光の時代、軍事力を背景として顧客国に権限を委譲する形でこの地域を支配していた。これは世界各地でさまざまな形態をとっている。直接統治するよりも費用効果が高いと考えられたやり方である。イギリスはとりわけ、民間人に対する空軍力の使用を制限しようとする試みを骨抜きにした。その理由は、高名な政治家ロイド・ジョージが理言している。両大戦間の時代には、戦争を禁止または制限する試みもなされた。しかし、イギリスはこうした動きが帝国支配の妨げにならぬように画策し、世界を支配する後継者に先例を作った。

もう一段階支配体制を強化

アメリカはイギリスの枠組みを引き継いだが、更にもう一段階、支配体制を強化した。イギリス政府が黒人を爆撃する権利を確保したことを、彼は称えたのである。その根底にある道徳的原則は往々にしていつまでも変わらないものだ。警察本部はもちろんワシントンに置かれたままであり、ロンドンにその支部がある。周辺国で、ニクソン政権特有の言い回しによると巡回中の現地警察官として役立つ国である。

米英両国による軍事クーデタでシャーが復位し、自国の資源を自分たちの手で管理しようとしていた保守的な議会政治を廃止させた時、トルコは当初からこのクラブの主要メンバーであり、一九五三年にはイランがそこに加わった。第二次世界大戦後は、北米が世界最大の産油地域だったが、この地位に長く留まれると考えてはいなかった。アメリカは常々石油を入手する以上に、それを支配することに重点を置いてきた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

北半球で爆発した場合、煙は南半球にまで広がるのであろうか

北半球で爆発した場合、煙は南半球にまで広がるのであろうか?異論を持つ者の何人かは、最悪の結果は核の冬ではなく、核の秋であると述べる一ほんの慰めにしかならないが。確実なのは、大規模核戦争が、少なくとも北 …

no image

世界の世論は軍事行動よりも外交と司法による解決を強く支持した

世界の世論は、軍事行動よりも外交と司法による解決を強く支持した。支持率が最も低かったのはラテンアメリカである。ヨーロッパでは、軍事行動に対する支持率はギリシャの八%からフランスの二九%までだった。例外 …

no image

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止する …

no image

アフガニスタン攻撃が自分の言う条件を満たしているとする主張

アフガニスタンに関するエルシュタインの主張が、彼女自身の議論の枠組みの中できちんと通るかどうか検討してみよう。エルシュタインは正義の戦争に四つの基準を設けている。ここで彼女が挙げる唯一の例は、大量殺響 …

no image

イスラム共和国を支持する可能性があることが示さた

彼らはイラクに対するアメリカの覇権に強く反対した。アメリカが支持する野党の指導的人物もすぐに、戦後のイラクでは国連が主要な役割を演じるべきだと要求し、アメリカが国の再建やフセイン後の政府を支配すること …