雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

チョッキの着こなしを上手に行うには

投稿日:

・上手なチョッキの着こなしとは

ボタンを外そうと留めようと私の勝手じゃないか、とおっしゃるかもしれません。が、おしゃれの世界では必ず外すことになっています。チョッキのボタンはたいてい六つということになっています。時に五つということもありますが、クラシックなチョッキは必ず六個付いています。そしてこのチョッキのボタンを全部留めるのは野暮ということになっているのです。

この習慣の直接の源は英国皇太子に発しています。エドワード七世(ウィンザー公の祖父)が皇太子のとき、チョッキの一番下のボタンを外した。これがたちまち流行になった。1880年代のことです。たしかに英国皇太子は拾幅が良く、ボタンを外したほうが楽であったのですが、その背景に長いチョッキの歴史があったのも事実でしょう。現代のチョッキの歴史をたどっていくと、17世紀、18世紀のそれは膝のあたりまでの長さであり、ボタンの数も多く、とても全部のボタンを留めておくことができなかったのです。

チョッキを着ることの効用

チョッキを着ることの効用は、実はもうひとつあるのです。それはチョッキのVゾーンからネクタイがふっくらと美しいカーブを保って結ばれることです。つまりネクタイ全体のボリュームをチョッキが支えてくれるわけですね。ところでボタンを外すか否かはさておき、チョッキの着こなし上、注意すべきは、ネクタイの舌出し。つまりチョッキの場合には舌出しにならないよう、やや短く結べば良いわけです。

チョッキの下からネクタイの端がのぞくのはルール違反です。が、そのつもりで結んでも、つい出てしまう。こんな場合には、ネクタイの端を軽く内側に折り込んでおくか、パンツ(ズボン)のなかに入れておきましょう。チョッキを着た場合にはこのボリューム感にも気をつけましょう。では、まとめポイントとしては、いちばん下のボタンを外し、チョッキの下からネクタイをのぞかせないということになります。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

スーツのパンツの丈直しは正しく行い着こなそう

・正しいパンツ丈でスーツを着こなす たいていの場合、私は自分で裾上げをします。たぶん買ったらすぐにはいてみたいからでしょう。ごくふつうには購入時、採寸をして店のほうで龍上げをしてくれます。ただし多少の …

no image

バスタイムで時短キレイ作戦-スキンケアはいたってシンプル

・リラックスときれいをアップさせるバスタイム 家に帰ったら、今度は娘や夫とおしゃべりしたり、大好きな読書をしてると、あっ、もう寝る時間!という感じ。スタイリストの仕事を開始。撮影用の洋服をメーカーに借 …

no image

ドレスの着こなし-着ることは女性だけに与えられた特権

仲間と気軽に催す食事会やホームパーティーなどの、まったくカジュアルな集まりにドレスなんか着ていくと、ちょっと場違いな感じを心配されるかもしれない。でも、ドレスを着ることは女性だけに与えられた特権なのだ …

no image

靴の色選びのポイント-そろえるとやりすぎになるのでご注意

赤い靴はじつに多様な色の服と合わせることができるものだ。濃紺、黒、こげ茶、白、なんでも合う。チャコールグレーのスーツに黒いバッグ。このウルトラコンサバスタイルに赤い靴を合わせれば、オフィスから直接夜の …

no image

痩身願望ファッションは本人をどんどんとむしばんでいく

ファッション・ヴィクティムの痩身願望は、しばしば本人を配んでいく。タ食で二本目の鶏ももに手を出してしまってカロリー過多になれば、翌朝の朝食を抜いて帳尻を合わせる。レストランでは、一応マッシュ・ポテトも …