雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

チェルノブイリ原発事故の影響や健康被害などはどうだったのか

投稿日:

チェルノブイリ原発事故から後でも、原子力発電所の周り、半径三キロメートル以内は立ち入り禁止地区となっています。事故処理に直接従事した作業員のうち五万人以上がこれまでに死亡したとするデータもあります。

この事故では大量の放射能(総計三億キュリー)が大気中に放出されたと考えられています。それは風と雲に運ばれて、地上に降り注ぎ、広くヨーロッパ一円に汚染地帯を作り出しました。北欧、ドイツ南部、北イタリア、黒海沿岸などに濃厚な放射能汚染地帯ができ、原発事故に国境がないことや、距離の遠近にかかわらず、風向や降雨などの自然条件によって死の灰が降るということに世界中の人々が震域しました。

事故で、汚染地域のベラルーシ、ゴメリ州では慢性リンパ性白血病が急増しました。事故前の一九八五年には、一〇〇万人あたりの発生率は九・〇人だったのに、一九八八年には一八・七人と倍増しています。

ウクライナとベラルーシの子供たちの甲状腺ガンや白血病は深刻で、ウクライナだけでも三二〇万人にのぼる人々が苦しんでいるといわれています。

放射線の晩発性障害

放射線の晩発性障害(ガンなど)が本格的にあらわれるのはいつからでしょう。チェルノブイリ事故の場合、長期的にもっとも問題になる放射能は、半減期が三〇年と長いセシウム137です。セシウム137は、人々に地表からの被曝をもたらします。し、農作物から体内に取り込まれると、内部被曝をもたらすのです。

また、一九九五年二月八日、福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」で事故が起きました。さいわい人間には放射性物質による急性の被害はありませんでした。この事故が国内初のナトリウム漏れの事故であったことと、事故後の動力炉・核燃料開発事業団の情報公開のしかたに問題があったため、国民に不安感と不信感をあたえました。大量冷却剤として使っていたナトリウムが七五キログラム漏れて、火災が発生しました。

一九九七年九月一日、国は「もんじゅ」の一年間運転停止の行政処分命令を出しました。炉の必要性が、イギリス、ドイツなどで縮小の方向にあるのも一つの原因だと思われます。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

パソコン一台あれば仕事が楽になる

脱工業社会が工業社会と比べ、いかに省エネ、省資源が進んだ社会であるかを考えてみたい。工業社会では、非デジタル財(モノ)をつくる場合、土地、資本、労働、原料などが必要です。これに対し、デジタル財をつくる …

no image

宇宙人から見た地球人

「宇宙人のパトロール報告」 知性生物のいる惑星を発見、その名はテラ(地球)。よく観察すると不思議なことがあります。その知性生物が、自分の星を破壊しています!詳しく報告せよ。酸素呼吸型生物なのに酸素ボン …

no image

循環型社会に向けた課題

アメリカにあるスタンフォード大学の保全生物学研究センター所長であるポール・R・エーリック博士が、一九九九年度の「ブループラネット賞」を受賞しました。ブループラネット賞は、「旭硝子財団」が毎年、地球環境 …

no image

野菜や果物などの輸入について

塩蔵野菜の輸入は約二〇万トンで、キュウリ、ナス、ラッキョウ、ワラビ、シメジなどが輸入されています。冷凍野菜の輸入は、約七二万トン、エダマメ、ホウレンソウ、スイートコーン、インゲン、グリーンピース、混合 …

no image

日本は自給率が低いままでいいのか

水産物は、エビの世界全体量の三分の一を日本が輸入しています。驚くべき数字だと思われませんか?ジョン・ハンフリース著『狂食の時代』に次のような記述があります。野生のサケは美しい生き物だ。体表は銀色にかが …