雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

茶腕や湯飲みはここにしまうと便利

投稿日:

・茶腕や湯飲みはここにしまうと便利

捨てるのがもったいないという理由だけで放り込んである場合がほとんど。食器棚の引き出しには、カトラリーのセット以外に、コンビニでもらう割り著やプラスチックのスプーン、フォークなどまでがぎっしり、ということはないだろうか。実際に、使っているかというと、使うことはほとんどないだろう。ただもったいないという理由だけで保管しているのではないだろうか。ならば思いきってそれらを処分し、引き出しにも食器を収納してみよう。

平らな洋食器にくらべて和食器は凹凸も多く、形やサイズも多種多様である。しかし、大皿を奥にしまい、空いた手前のスペースに小皿や小鉢を置くと皿が取り出しにくくなる。そこで、湯飲みや小鉢など高さが引き出しの深さにびったりなものをしまっておこう。また、ゴチャゴチャしやすいお猫目などの収納にも最適だ。さらに、ワゴンについた引き出しや、カウンターにセットされた整理引き出しも収納スペースとして使えば、食器棚はいっそうすっきりする。

食器の箱はムダなだけ

出し入れが不便なために億劫になって使わなくなるし、スペースをとってしまう。いただき物の食器などを箱に入れたままにしている人がいるが、これはじつにムダ。よほど壊れやすいものでない限り、箱から出しておこう。使わずに大切にとっておくうちに、好みや家族構成に合わなくなって、結局使わずじまいなどということもある。箱に入りっばなしの食器を一度全部点検して、必要のないものはさっさと処分するかバザーなどに出してしまおう。

密閉用保存容器はため込まない

やたらと保存しておいても、結局食べず、冷蔵庫の中で腐るだけなんてことも少なくない。残ったおかずなどを保存するときに便利な密閉用保存容器。定期的に中身をチェックして、食べないものは早めに処分しよう。また、密閉用保存容器の数も、たくさんあってもかさばるだけ。一般的な家庭で、大きなものが3つ、中小5つぐらいあれば十分だ。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

壁に手垢がつくのを防止する方法

・靴をはくときなど、壁に手をつくので、手あかがつくのではと心配です。 ニス塗りになっていても、長い間そのままにしておけば、やはりニスが摩耗してくれば、汚れはしみこむわけですから、注意していて早めにウレ …

no image

繊維壁の塗り替えをDIYする方法

京壁やせんい壁の上に、さらにせんい壁を塗るといったような場合には次のような下地の前処理が必要です。京壁やせんい壁の表面がボロボロ落ちてくる場合は、表面をしっかりとめておく必要があります。穴やヒビ割れが …

no image

防災用品の収納場所を食卓の下に

・食卓の下に防災用品を入れる キャスターつきのワゴンなどに防災用品を入れ、常に食卓の下に置いておくと、いつでもラクに取り出せる。防災用品の置き場所ってどんなところがいいのかと考えてしまうが、さっと取り …

no image

マンションの仕切りを収納に活用する方法

・マンションの仕切りを収納に活用 使い勝手を考えるとベランダに置いておきたいけれど、それではベランダが雑多な印象になってしまう。ベランダのハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどは、収納場所にちょっと困っ …

no image

ストーブの熱を利用する効果的な方法

・簡単にこの温度を活用できないものでしょうか。ストーブを使っていると、部屋の上部が温度が高くなっているのに気がつきました。 扇風機は夏だけしか使いませんが、壁掛け扇といって、壁の上につけて使う扇風機が …