雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

着火剤を使ってバーベキュー・グリルに簡単に炭火を起こす

投稿日:

モンゴルのタ焼けラムの肉と、新潟特産の香辛料「かんずり」を手に入れる。ラムの塊肉全体にナイフで浅いスジ目を、できるだけたくさん入れる。軽く塩、コショウをし、「かんずり」を、そのスジ目にもみこむようにたっぷりぬる。

全体をアルミホイルで包み、時々上下ひっくり返しながらー時間、七輪の網の上で焼く。このとき、七輪の火力調節ロは閉じて弱火にしておく。さらにホイルをとり、焦げっかないようにー時間網の上で焼き、焼けたところから、ナイフで切りわけ食べる至福の時間ー*「かんすり」唐辛子を塩や鍵などで熟成させてつくった香辛調味料。これがかなりうまい。

着火剤を使って、バーベキュー・グリルに簡単に炭火を起こす。着火剤がしみこんだ紙で包んであるので、マッチ一本で火がつく。赤い炎が上がってきたら、上に木炭をのせ、バーベキューの必需品「うちわ」であおげば点火完了。

カセット・コンロと組み合わせて

楚き火が制限されるキャンプ場が多くなったいま、こんなスーパー・ギアをほうっておく手はない。炭火を起こすのに多少時間がかかるかもしれないが、カセット・コンロと組み合わせての、炭が使えるツーバーナーなんて魅力的ではないですか。

全体に火がまわり、白い灰が出た。おき火、の状態になったらバーベキューを始めよう。なお、ジェルタイプの着火剤は、引火性が強いのでおすすめしない。とくに、少し火がついた状態で着火剤をつぎ足すことは絶対にしてはならない。大事故につながります。

また、外料理を家庭の台所でつくる延長線と考えるなら、ツーバーナー・ストーブは、とてつもなく便利な道具と言える。燃料にガソリンを使用するものは、火力が台所のガスコンロなみにある。ただ、いいところだらけのようだが、扱ううえで気をつけなければならない点がいくつかある。一つは使用する燃料が、引火性の強いガソリンなので、保管を含め充分に注意しなければならないということ。もう一つは、燃料タンクに圧力を加えるポンピングや点火操作に慣れが必要な点だろう(その点、ガスボンベタイプは扱いが楽)。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

長時間体が濡れることが最も危ない

山では、どんな意味でも長時間濡れることが最も危ない。雨やみぞれで濡れるだけでなく、自分の汗で濡れるのも危険なのである。体が濡れると、たとえ自分は猛烈に暑く感じていても、体温は着実に下がっている。登山に …

no image

登山やデイハイクでビバークを余儀なくされる状況

デイハイクは、子ども達がリードをとっていたが、半分程行ったところで何か変だと気がついた、とある人。しばらく行くと、幅の広い川があり、渡れる場所を探しているうちに1時間浪費。トレイル前半の所要時間は4時 …

no image

山岳地形と読図に習熟する

・地図は見るのではなく読むべし 地図はいろいろな約束事の上に作成されています。2万5000分の1の地形図で、説明しましょう。約束事を手掛かりにして、収められている情報を暗号を解くように読み取って行きま …

no image

山での食事のエネルギーについて

・山での食事の意味を知るべし 街中なら動けなくなったらタクシーに乗れるし、いざとなったら救急車も来てくれます。しかし、山の中ではそうはいきません。人にとって食べ物はガソリンと同じ。ガス欠っていうじゃな …

no image

山で道に迷ったら

沢に入っているときなどは、電波が反射するので、ほんの数メートル移動しただけで、電波が入ったり途切れたりする。むやみに電話をかけ続ければ、寒冷な場所では特にバッテリーの残量が少なくなってしまう。したがっ …