雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

チャイルドシートの設置も考えて車を選ぼう

投稿日:2014年10月29日 更新日:

6歳未満の子供がふたりいると、チャイルドシートをふたつ用意しなければならない。平成12年4月ー日に、チャイルドシートの着用義務に関する法案が施行された。これは6歳未満の子供が対象となっており、違反すると減点対象となる。

チャイルドシートはけっこうかさばるので、もし通常の2列シート車なら、これだけで後部座席はいっぱい、ということになってしまうのだ。人の車を運転したら、ライトのつけ方がわからなくてオタオタした、なんて人もいることだろう。

こうした事情を考えると、子供がふたり以上いるか、また生まれる予定がある場合、の位置が左右逆なので、曲がろうとするたびにワイパーが動いてしまったりする。これではあいている席は助手席だけということになり、あまりにも余裕がない。

ワゴンタイプは車内の移動性

途中でドライバー交替なんてときにもスムーズだ。車内での移動がかんたんにできるからムダがない。ワゴンタイプの車で大勢を車に乗せて遠出をするというようなとき、便利なのがウォークスルー機構だ。たとえひとりのときでも、路上駐車した車に歩道側から乗り込めるのがありがたい。車選びのとき、こんな車内の移動性も、しっかりチェックしておこう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

お買い物カーの条件

外見よりも中は広く、小回りがきいて運転しやすい車を選ぶようにしょう。このとき、考えなければならないのが車内の広さである。車体が大きくても中が狭い車もあるし、見た目が小さくても、中はゆったりしている車も多い。

最近は1000mから1600mぐらいまでの小型車で、デザインも色もかわいい女性向けの小型車が多く出回っている。最近は郊外型の大型スーパーが増えてきて、主婦が車に乗って買い出しに出かけるなんて姿も珍しくない。買い物用のセカンドカーとして小型車を買う家庭も少なくないが、見た目だけでなく、中の広さをしっかり確認すること。車選びにはこういったことを参考に選びましょう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

アンバランスによる振動などについて

一九六年代までの日本の道路は非常に悪く、自動車も低速でしか走れないような状態でした。その当時の自動車の車輪まわりの振動というと、その多くが毎時三〜四キロメートルぐらいで車輪が舵を切る方向にフラフラと振 …

no image

タイヤのセルフアライニングトルク

タイヤのUDAT(セルフアライニング・トルク)はタイヤ自体が直進しようとする性質を持っているということ。なぜこのようなトルクをタイヤが発生するかというと、それは自動車用タイヤに幅があるから、といってい …

no image

AMGがザ·ニューSLSロードスターを発売

AMGメルセデスベンツは、スーパースポーツカー「ザ·ニューSLSロードスター(The new SLS AMG Roadster)」を発売した。ザ·ニュー·SLSロードスターは昨年フランクフルトモーター …

no image

車にエアロパーツを後付けするのをおすすめできない理由

輸入車の本来の魅力を味わうには、基本的にはノーマルがいちばんなのだ。カッコいいからドレスアップ、というのを止めはしないが、あまりそれに期待しない方がいい。規制緩和のおかげで、かっては違法とされていた後 …

no image

フォードモンデオ-これといったイヤ味のないデザインと走り

GMの欧川戦略の核がオぺルなのに対して、フォードが自前で作った現地メーカーがドイツフォード。 日本にはモンデオが導入されているほか、革新的な小型車、Kaが上陸している。 成り立ちから言っても、製品の味 …