雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

艶の出し方を女性は追及するべきである理由

投稿日:

六十代の方なのですが、髪が黒々とし、薄化粧の肌はバラ色、マニキュァを塗っていない爪は、健康的なさくら色。
目につくパーツが、すべてツヤツヤしているのです。撮影でご一緒した、着物のスタイリストの女性に見とれてしまったことがあります。彼女を見ていたら、女らしさの真髄みたいなものが、なんとなくわかったからです。

どんなお手入れをされているのかしら?、と思っていると、隣りに立っていたカメラマンの男性が、〇〇さんって、きれいだよねえと、ため息混じりにボソリ。なるほどなあ、と深く感心してしまいました。若いうちは、何もしなくでも全身ツヤツヤ。でも、歳とともに急速に姿を消していくのも艶なんですね。女性に大事なのは、それはズバリ艶。これだと思うのです。

私は、毎朝、鏡に全身を映して自分の姿をチェックしていますが、髪がはねていないかとか、靴が汚れていないかとか、口紅がはみ出ていないかなど、いろんなパーツに艶があるのかを気にしたことはありませんてした。でも、それからは、自分の中に艶のある部分をなるべく増やしてあげよう、と意識しています。

いろいろ頑張っているとは思うのですが

女性は日々、美しくあるために、いろいろ頑張っているとは思うのですが、そのとき、艶を意識する人はなかなか少ないはず。アートをほどこしたネイル、念入りにセットしたへアスタイル、素敵な靴をはいた足、流行のメイクで飾った顔など。自分の中にどれだけ艶のある部分を作れるか。

髪や爪、肌など、自分の中にできるだけ多く艶のある部分を増やしていく。これを、意識していれば、二十年後も三十年後も、いつまての撃のある女でいられるはず。そして、ゆくゆくは艶っぼいおばあちゃんになりたいものです。特に気にするようになったのは、髪の毛です。カラーリングして、しばらくたったあとの根元の伸びた黒い髪は、どんなにケアしたとしでも、髪全体を撃やかに見せないものだと気がつき、伸びるたびにこまめに根元を染めるようになりました。もちろん内面的な輸やかさも大切に。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ドライクリーニングの料金の請求書を見ると思わず凍りつきそうになるものだが

ドライ・クリーニング業者としては、より安全な代替品に切り替えたくても資金がないのが実情だ。顧客はドライ・クリーニングの請求書を見ると思わず凍りつきそうになるものだが、どうも業者が大儲けしているわけでは …

no image

ペット用品商戦に参戦するファッションブランド

グッチは犬用の茶色のレインコートを販売している。ルイ・ヴィトンが七〇年代に世に出したLVモノグラムの犬用レザー・キャリーは、一〇〇〇ドル弱で手に入るが、それほど余裕がないという向きも、オールド・ネイビ …

no image

ポケッチーフの応用法-胸ポケットに入れておくだけのものではない

・ポケッチーフの応用法 ポケッチーフは特に意識しなくても、自然にたまってしまうところがあります。最初からネクタイとセットになっていることもありますね。シルクのハンカチーフで、主として胸ポケットに飾ると …

no image

ファッションの理想像と現実の体型の対立

一九九五年のサイコロジー・トウデイの研究では、ファッション誌のモデルをわずか三分眺めただけで、被験者の七〇%が罪悪感と差恥心を抱いて落ち込んだという結果が出たという。ファッションが一因とされる社会問題 …

no image

お直しで洋服を復活させよう-多少料金がかかってもやる価値はある

たとえば、何年か前に活用した台形シルエットのスカートがあったとします。素材も上質で、色も気に入っている。だけど、今年はタイトスカートがはきたい気分なので、タンスの肥やしに。そんなときは、いっそのこと、 …