雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

伝えるデザイン-どのようにコミュニケーションするかを明確に

投稿日:2015年1月19日 更新日:

~誰にどのようにコミュニケーションするかを明確に~

デザインに関しても、誰に対してどのようなイメージを訴えるべきなのか、伝えるためにはどのような手法が有効であるかを明瞭にしてくれます。あなたのサイトの各ページは、ユーザーのニーズとあなたのビジネスとの出会いの場です。実際の画面設計やデザインの段階に入るまえに、期待をもって訪問してくるユーザーに、何を訴えるべきかを明確にしておくことが重要です。

この部分をはっきりさせておけば、画面設計のなかで、何に対してプライオリティをとるべきかの判断基準となります。画面設計やコピーライティング、デザインについて作業を進めるまえに、まず誰に何を訴求すべきか、ターゲット別のコミュニケーションプランを再度確認しておきましょう。

スクロールしてくれない可能性も

画面のサイズを決めるページを縦長の構造にしてしまうと、ユーザーはページ下部に情報が掲載されていることに気づかず、スクロールしてくれない可能性があります。長くなればなるほど、ページ下部の情報への到達率は低くなります。そのため、なるべくスクロールさせずにファーストビュー(アクセスした際に最初に表示される領域)に優先的に必要な情報を納める必要があります。

画面構成とコピーライティングデザインの設計などのしっかりと行いましょう。適切な画面構成は、情報の見つけやすさを実現します。ここでは画面のサイズから各要素の配置まで、適切な画面構成について説明します。何かを期待し訪問してきたユーザーに対し、どの情報をどのように伝えるべきかを考える必要があります。ここでは、そのための適切な画面構成とコピーライティング、デザインについて、説明を進めていきます。それぞれのページは、ユーザーとあなたの情報が出会うマーケティングの場です。ですから、1ページ、1ページを、できるだけ手を抜かないで作成していくようにしたほうがいいでしょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットショップ立ち上げ時に必要となるメニューなど

ネットショップに必要なコンテンツを以下に紹介します。 ・固定メニュー 他の部分のカラーとは変えて入れておくといいでしょう。固定メニューはWebページの縦・横両方に用意しておくのがベターです。ここで重視 …

no image

ドロップシッピングで成功するためのポイント

さまざまなドロップシッピングASPがありますが、それぞれを見ていてもどれも一長一短、そう感じるはずです。しかし、在庫なしでネットショップを開業できるメリットもあり、商材の薄さを補うこともできます。そこ …

no image

特定商取引法の表示と個人情報保護に関する記載内容について

~特定商取引法に事づく表示と個人情報保護に関する記載内容について~ 特定商取引法に事づく表示と個人情報保護に関する記載内容については、ネットショップを運営されている方であれば、知っておいたほうがいいで …

no image

ドロップシッピングは自らのサービスに合ったものを選ぼう

ドロップシッピングでネットショップを開業することができますが、他社のショッピングモールに出店しての販売やネットオークションでの販売をしていて、販路を拡張したいと考えている方もいると思います。しかし、可 …

no image

ネットショップを開業するには-知っておきたい基本事項

~商品の仕入と支払いサイト~ ビジネスには借金が付き物と思っている方もいると思いますが、仕入と支払いサイト(期間)に問題があると、ネットショップの経営は破綻し、借金が借金を呼びます。そして、自転車操業 …