雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

網を断ち切られてしまうという感じになる

投稿日:

S君は、遠くから声援を送る彼のファンみたいな人々にとっては人気があっても、少し深くつき合った人は、たちまちこのミクロの狂いに気がついて、警戒するようになる。この彼にはまた、もう一つ別な面がある。それは、何かに夢中になるとほかのこと忘れてしまうために、ときどき物忘れをすることだ。

S君の場合、こういう心の流れを自分からボーンと断絶させてしまって、ケロッとしたところから意見を言うので、いつも自由に言いたいことが言える。しかし、いままでの行きがかりを断絶して、自由に言うときの心理がまさに心の狂い、パーソナリティの小さな狂いなのだ。そのとき本人はすごく気分がいいのだろうが、周囲の人々は、いままでの網を断ち切られてしまうという感じになる。

友達と約束をしていたのに、夢中になっていてその約束を忘れてしまった。気がついたときにはもう時間もたっている。日曜日にクラブの会合があるのに、それをすっかり忘れて遅れてしまった。しかし、そういうときに彼は、「大変だ。いや悪かった、忘れちゃって」というふうに素直な態度がとれない。

おとなしくみんなの話を聞くはずなのだが

普通だったら、事情を全部のみ込むまでおとなしくみんなの話を聞くはずなのだが、そういうときに限って彼は、先制攻撃のようにいら立ちながら発言する。自分だけがわからないのに、途中から、すでに議論し終わったことについて質問したり、見当はずれな非難や文句を言う。

むしろ倣然とした態度をとる。「事故だったんだ、仕方がないだろ」と言って、ケロッとしている。もっとみんなのひんしゅくを買うのは、遅れてきたんだから、それまでの会合の流れとか、話の筋道などはわかっていないはずだ。

「また始まった、Sが遅れたために予定の半分の時間が過ぎてしまったじゃないか」ということになる。S君が話がわからないとそれ以上討論が進まないので、S君にもう一度、彼が遅れてきた間の議論を説明したり、納得させなければならなくなるのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

恋愛アンケートの驚きの結果

これは恋をしている状態についてのアンケートです。だれかに夢中になっている状態、激しい情熱を抱いている状態、あるいは強烈に惹きつけられている状態です。ある研究機関が恋の情熱が世界共通であることを確認する …

no image

人情家と言われる人々の中に意外に潜む思い込み

人情家、涙もろい人、同情心のひと一倍強い人と言われる人々の中に意外に潜む思い込みというこの小さな狂いがもっとマクロな狂いになると、その人は妄想型のパーソナリティ障害と呼ばれる。その表情はほんとに心から …

no image

仕事の重荷で悩む女性

彼女は仕事の重荷と、自分が教師として十分適切に生徒に接しられないことをかなり悩んでいました。劣等感を抱いているために、仲間と接触するにしても、どうしても警戒して積極的になれない。うっかりしたことをいえ …

no image

松下幸之助のダム経営と洞察力

ダム経営は、市民に水をいつも供給するためにダムを作って水を貯めておくように、企業もかせいだ金をその都度使い切ってしまわないで、一割なら一割、二割なら二割は残さなくてはいけない、という、いわば当り前な堅 …

no image

女性のほうが愛する人のことを考えてしまう傾向が強い

ある恋愛熱にかんするわたしのアンケート項目のなかでは、アメリカ人も日本人も、男性よりも女性のほうが、相手も自分に情熱を感じていると確信したときに「天にも昇る気分になる」と答えている。 アンケートに答え …