雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

机の引き出しに物をすっきり収納するコツ

投稿日:

・机の引き出しに物をすっきり収めるコツ

深さのある引き出しの場合、重なった下のほうには何が入っているか忘れ、捨ててもかまわないものまで残っていたりする。ほとんどの人の引き出しは、用紙やバインダー類、筆記具、クリップ類などと分類して整理されているはずだ。平たく積み重ねていくから、こういうことになるのだ。そこで、立てて収納してみよう。引き出しを開けたとたんに、バインダーやファイル類は背表紙が見えるので、一件落着したものは捨てるとかロッカーにしまうなどの処理ができる。細かいものも、分類して透明なフロッピーボックスやステーショナリーケースに収めておこう。そのうえで2段、3段と重ねておくといい。ボックスのなかも、もちろん立てて収納しておけば、そのブロックごとに動かしたり整理・処分すればいいから、ムダなものをため込むことはなくなるはずだ。

机の上をすっきりさせる方法

身の回りが乱雑では、とてもデキるビジネスマンとはいえない。電話をとったとたんにコロコロ転がる鉛筆、書類のあいだに挟まっている定規、あなたの机の上は大丈夫だろうか。ペン類やハサミ、定規やステープラーなどよく使う文房具は、分類していくつかのペン立てに立てておくのがいちばん使いやすい。すぐに手に取れるように机の右奥などにまとめておくと、見た目もすっきりする。もちろん、使ったら元の場所にもどすのが肝心だ。

テープ類をいつもなくして困っていない?

一人が使ってそのままもどさないため、次に使う人が探しまわっているという状況が、しょっちゅう起こる。布製の粘着テープや透明ビニールテープなど、セロハンテープのように専用の台のないテープ類は、どこのオフィスでもたいていはデスクの引き出しや、備品の棚などが置き場所になっているだろう。テープ類はだれもが見えるところに出して保管する方法を考えよう。使い終わって捨てられる運命にあるファクシミリのロール芯が、ここで活躍する。空き箱などをトレイにして、その上に接着剤で貼り付けて柱のように立てておく。そこへ、輪投げの要領でテープ類をさせばいいのだ。これなら、テープの残量も一目でわかるし、そろそろ補充かな、という目安もつけやすい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

トイレの詰まりをラバーカップで解消

ティッシュペーパーは流しても平気と思っている人もいますが、使わないほうが無難です。吸引カップを使うコツ水洗トイレの詰まりの原因で多いのは、トイレットペーパーの使いすぎやティッシュペーパーを流したことに …

no image

トイレの床の黒ずみなどの掃除方法

・トイレの床(クッションフロア) マットを敷いている場合は、週に一度は洗濯しましょう。ヒビもはがれも早めに補修をモルタルの外壁は、ヒビが入ったり、一部がはがれたりしやすいもの。放置すると、ここから雨水 …

no image

衣類の寿命を見分けるには?

コーディネイトができなくても、実際に着ているのなら、もちろん寿命未満。ところが、コーディネイトできないことを言いわけにしまいっばなしにしているだけなら、その衣類に対して失礼です。この場合は、もう寿命と …

no image

洋服の整理・収納

子どものころからの習慣で、衣類はよそゆき、ふだん着、家庭着などと分けてしまいます。これがかえって、整理を難しくするのです。こんなことなら、ランクづけをやめればよいのに、習慣とは恐ろしいもので、なぜかや …

no image

ロングブーツの収納-袋に入れて吊るすというアイデア

・ロングブーツは袋に入れて吊るす 箱に入れておくにせよ、そのまま片づけるにせよ、場所を取ることに変わりはない。ロングブーツは収納場所を確保するのが大変。少しでも場所を取らずに収納するには、つるしておく …