雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ツアー登山で起こる問題

投稿日:

北海道で雨具を持って来なかったお客さんが疲労凍死する事故がありました。寒さに対する生体防御が機能しますので、身体の中枢部分を守るようにするため意識はありますが、その時にはもう末端の体温は下がっていたと思われます。事故の前に大丈夫ですかと確認し、大丈夫ですと回答されていますが、もし登山における本来のリーダーであったら迷うことなく行動を中止したでしょう。そしてこういう時に問題なのは事故者だけでなく、そのツアーの全体が危険にさらされるということです。したがってツアー登山に参加する時も、自分の技術や体力で確実に登れる対象を選ぶ必要があります、とある登山家。

ある時、アヤメで有名な橋形山に行きました。この業者の添乗員は、かなり山のことを知っている方で一十数人に一人ついていました。ところがそのうちの一人の方が具合が悪くなってしまいました。参加者は、ついていけばよいと思っている人ですから地図もほとんど持っていません。登りはそれでもゆっくり登ってバラバラになりませんでしたし、分岐も多くありませんでしたが、下りはさすがに列が長くなりますし、分岐も出てきます。

具合が悪そうな客がいても

もう一人の指示でその人を自力下山させたのはよいとして一人は必ず先頭で道案内が必要です。そうするとラストがいなくなるのです。もちろん客はバッジで見分けるだけでお互いに名前もわかりませんから事故があっても誰かわかりません。集合の時に人が足りなくても帽子をかぶった人とか、赤い服の人がいないとしか言えないわけです。前へ行ったり分岐で待ったりとても大変そうでした。具合が悪そうな客がいても、本人が大丈夫だ登ると言えばやめさせることができないのが現在の添乗員なのです、とある登山家。

また二〇〇三年には旅行業ッアー登山協議会が発足し、ツアー登山の実態調査や自主基準作りが始まり、大きく改善されつつあります。トイレとゴミの話晩秋から冬の山は木々の葉が落ちるため、登山道のまわりが見通せるようになります。民間企業ですのでお客さんを上手にデータベース化すれば安全登山に貢献できると期待しています。道の上のゴミは減りましたが、夏に見えないように捨てたのでしょうか、まだゴミが散見されるのは残念です。自分のゴミを持ち帰るのは当然ですが、皆でひとつでもふたつでも他人のゴミも持ち帰ればと思います。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

妊娠中のアウトドア-初めて行った4日間のバックパッキング

初めての妊娠中に行った4日間のバックパッキングでは、気力充実、お腹もまだ小さくて、ウェストべルトを難なくしめることができる状態だった、とある女性登山家。妊娠がわかってからもハイキングは続けていたので、 …

no image

自転車トレーラーの旅の魅力と難しさ

自転車トレーラーでの旅を計画したいあなた。しかし、自転車トレーラーを牽引するとなると、気軽なサイクリングとは、ずいぶん勝手が違ってくる。トレーラーが後ろにあると、走行幅は少なくとも60センチ必要だ。路 …

no image

山谷風は山腹に刻み込まれた谷沿いに山頂と麓の間を上下する風

悪天候の予兆である上空の風の強まりや低気圧の接近が起こると、山谷風の流れが一定ではなくなる。しかも雲が出てきたりするから、地表の温度も変わり、風のでき方も変わるのである。いつもより一~三倍も強い風が、 …

no image

パーティーはリーダーだけでなく一人一人の役割が決まってることが必要

私は大学の山岳部に入部しました。そこはさいわいよき伝統を持つクラブですぐその役割を覚え実践することができました。リーダーが四、五、六と言えば四時起床、五時食事、六時出発なのです。行動が終わって幕営地に …

no image

ゴミの持ち帰りのお願い

ゴミの正しい持ち帰り方を知っておいたほうがいいだろう。あなたは、正しいゴミの持ち帰り方を知っておられるだろうか。外で遊んだらゴミは全部持ち帰る、これが基本である。キャンプ場の場合でも、ゴミの扱い方は基 …